2024.03.07

\ instagram /

instagram.com/yoko.noguchi/

*instagramにて、新しい商品のご紹介、展示会、ワークショップ、日々のことなどを不定期に更新しています

 

|

2024.03.05

\3月のワークショップのお知らせ/

Tcc_ws_3gatsu_20240307161601


\ワークショップのお知らせ/

TCC Art Workshop
01 "Spring has come"はるがきたよー

くしゃくしゃ・ぐるぐる・ぴりぴり・ぺたぺた の楽しいワークショップです!今回のテーマ「はるがきたよー」おうちに届いた梱包材の紙や段ボールなどを、くしゃくしゃ・ぐるぐる・ぴりぴり・ぺたぺたして、手の感触や聞こえる音を楽しみながら、思いつくままにいろいろ作って、壁一面を春いっぱいにして遊びませんか?

対 象:3さい〜小学生
    保護者様の付添可(ご相談ください)
講 師:のぐちようこ(デザイナー・絵本作家)
補 助:TCC English スタッフ1名
日 時:
① 2024年2月17日(土)14時〜16時くらい      
② 2024年2月24日(土)14時〜16時くらい    
③ 2024年3月10日(日)10時〜12時くらい 
 ↑お申込み受付中です!ぜひご参加ください♪

各 回:8人程度
参加費:2500円(材料費込み)
持 物:クレヨン・色鉛筆    
    お子さんが普段使っているハサミ    
    創作物を持ち帰るための大きめのバッグや紙袋    
    ↓もしあったら↓    
    おうちで使わなくなった紙   
    捨てようと思っていた紙など

場 所:TCC English
    東京都 杉並区 荻窪 2-1-14
    荻窪駅より徒歩約16分
    または、荻窪駅南口よりバス1番乗り場
    荻51 シャレール荻窪行き 所要時間約7分
    西田端橋下車徒歩30秒

お申し込み方法はこちら
↓↓↓
からお申し込みいただければと思います。

TCC English/TCC Kitchen
東京都杉並区荻窪2-1-14

*TCC Englishについて
こちらは、英語スクールでもあり、キッチンがあって作りたての美味しいお弁当やおやつを販売をしていたり、工作や算数やピアノをしていたり、建築家やアーティストの方の展示をしていたり、近くのネパールの子たちのスクールとの交流の場を作ったり、なんだか新しい試みをいろいろしている場所なのです。

数年前に、たまたま前を通りかかった時に、あれ?こんなところに英語の塾ってあったっけ?と思ったのですが、それと同時に、え?!お弁当を売っているの?!と不思議な組み合わせに驚き、webを覗くと、壁一面がホワイトボードでのびのび絵を描いたりしていて、わーここ面白そうと訪れて、お話を聞きました。コロナ禍になって休校になって、子どもたちの居場所がなくなって、じゃあ何か始めてみようと、ご自身は建築家でその設計事務所の半分にこの場を作ったのだそうです。

英語の授業終わってから、ピアノを演奏していったり、伸び伸び好きなことを楽しくしながら、通う子どもたちの様子など、ぜひ @tcc_english でご覧ください。

*近隣のおすすめパン屋さんについて
近くに杉並区民に人気の「天然酵母パン ツェルマット」もあります。
西田商店街のかわいい昔ながらのタイルが素敵な「ベーカリーショップ モモヤ」さんもおすすめです。
川沿いでのんびり美味しいパンを食べたり、野鳥観察などもたのしい地域です。

 

|

2023.12.27

展示のご案内:ふかふかふたり展(2024.1.11-1.23/にじ画廊)

Dm_p_20231227 Dm_t_20231227

 

のぐちみつよ+のぐちようこ
ふかふかふたり展

会 期:2024.1.11(木)- 1.23(火) *水曜定休
    12:00 - 20:00(最終日17:00 迄)
会 場:にじ画廊 nijigaro.com 
    武蔵野市吉祥寺本町2-2-10
    Tel. 0422-21-2177
    *JR 中央線吉祥寺駅より徒歩4 分


おやこふたりの作品展です。小さなお店も開きます。
44年間、こどもたちへ作り続けている布のえほんやおもちゃ、
おおかみ・赤ずきん・こぶたたちになって
遊んでいただける展示、
布のふかふかパン、
小さな黒板、新作の紙小物、
著書(作り方の本や絵本)などなど、
ご用意してお待ちしております。
どうぞ遊びにいらしてください。


▲のぐちみつよ《ちくちくワークショップ》
小さな布のえほん「おおきなたいこ ちいさなたいこ」を
ちくちく作ってみませんか?

日 時:1.21(日)❶12:30 - 14:30 ❷15:30 - 17:30
対 象:針が使える方/各回5 名(合計10 名)
参加費:2,500 円
    -材料費込・道具持参不要・当日支払-
お申込:1.15(月)10:00 よりメールにて受付します。
    ご希望の回/お名前/電話番号をご明記の上、
    info@yo-happy.com 迄、お申込みください。   
    二日以内に返信いたします。
    先着順になります。予めご了承ください。


■のぐちようこ《ぴりぴりぐるぐるワークショップ》
のぐちようこの在廊時に、いつでもご参加いただけます。内容や詳細、在廊予定や変更などについては、instagramにて随時お知らせいたします。最新情報をご覧ください。


+ + +


のぐちみつよ (野口光世/ぐるーぷ・もこもこ)
布のえほん・おもちゃ作家
こどもたちの様々な特性や状況に寄り添って、遊びの中で成長や発達のひとつの支えとなるよう工夫をしながら、89 歳の現在も毎日ちくちくパワフルに制作しています。

のぐちようこ
こどものものデザイナー・絵本作家
《こども+えほん+かんさつ+デザイン》
そんな好きなことを繋げて、日々、紙小物や雑貨のデザイン、絵本の制作、“?” “!” を楽しみながら、こどもたちと創作や観察をしています。
instagram.com/yoko.noguchi

|

2023.07.15

\7.28-8.13 板橋にて“ボローニャ絵本さんぽ2023” に参加します!/

Fukafukapakupaku_dm_omote Fukafukapakupaku_dm_ura_new

 

のぐちみつよ+のぐちようこ
さわる あそぶ えほん展『ふかふかパクパク』
2023.7.28金 - 8.13日

 本展示のメイン会場『gallery TSD』は、江戸時代から続く旧中山道沿いの板橋不動通り商店街にあります。同じ商店街の『パンを楽しむ店 ぱ~ね』『さがつく Craft & Cafe』、仲宿商店街の『板五米店』の4つの会場をつないで、“ボローニャ絵本さんぽ2023” に参加しています。

 のぐちみつよ(野口光世/ぐるーぷ・もこもこ)は、布のえほんと出会って44年、ただ今88歳です。こどもたちの様々な特性や状況に寄り添って、あそびの中で成長や発達のひとつの支えとなるよう工夫をしながら、毎日ちくちく、パワフルに制作しています。そして、共にボランティア活動をする、布のえほん・遊具の製作「ぐるーぷ・もこもこ」の仲間や、バリアフリー絵本を支援してくださる皆さんと、こどもたちの元へ贈り続けています。

 パワフルと言えば『gallery TSD』!日々この場に集う、こどもやおとなたちのエネルギーが、床の絵の具の跡からみなぎってきます。そんな心地よさに包まれながら、布のえほん・遊具をさわってあそんでいただけることが、とても嬉しいです。親交のあった出版社の編集者さんや支援学級の先生、プレイルームや展示会で出会ったこどもたちや親御さんなど、多くの人との対話から作品一つひとつが生まれてきたということ、印象深いエピソードなどもお伝えします。また、IBBY(国際児童図書評議会)障害児図書資料センター推薦図書(2011・2017年度)、IBBYサイレントブックス(文字のない絵本)オナーリスト(2021年度)受賞作品もぜひこの機会にご覧ください。

 のぐちようこは、昨年と今年の春、講師をつとめた板橋区立美術館のこどもアトリエにて活用した“美術館で使いおわった紙” と“おうちにやってきた紙” “おうちにあった紙” の紙あそびをします。役目をおえた紙も、くしゃくしゃ・ぐるぐる・ぴりぴり・ぺたぺた、手でさわったり、音を聞いたり、観察や発見が面白く、まだまだあそびたくなる紙なのです。そして、自由研究中の“かたちとえほん” もお持ちします。なにかのかたち、ページをめくってもめくってもつづく構造、穴からのぞく向こう側、そこから膨らむ発想を手にとっていただければと思います。

 ほか3つの会場は、おいしい食べ物はもちろんのこと、お酒もいただけちゃう『パンを楽しむ店 ぱ~ね』、かつては、牛乳屋さんの冷蔵庫だったというユニークな空間のある『さがつく Craft & Cafe』、大正から築100年の歴史を持つ『板五米店』など、それぞれの場の魅力にちなんだ昔話を選びました。1999年から12年間に渡り、甲斐大泉の絵本の樹美術館にて開催した“子どもも大人もお話の世界に入って楽しむ参加型シリーズ” より、一面に昔話の広がるタペストリーや的当てなどの大きな作品を展示します。ふかふかな布のパン・スイーツ・おむすびと、本物のパン・スイーツ・おむすびを、どちらもパクパクしながら、絵本さんぽをお楽しみください。

*“ボローニャ絵本さんぽ 2023”は、板橋区立美術館「2023 イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」関連イベントです。

『gallery TSD』-TOKYO SOCIAL DESIGN-
板橋区板橋3-4-9 メゾン・ド・フルール1F
11:00 - 18:00/月火 定休
都営三田線「板橋区役所前」駅から6分

『パンを楽しむ店 ぱ~ね』
板橋区板橋3-1-10
11:00 - 22:00/月火 定休
駅から7分

『さがつく Craft & Cafe』
板橋区板橋3-1-10
10:30 - 17:00/日火水 定休
駅から5分

『板五米店』-旅とお結び-
板橋区仲宿40-1
平日10:00 - 16:00
休日10:00 - 18:00/定休日無し
駅から3分

のぐちみつよ
(野口光世/ぐるーぷ・もこもこ)
布のえほん・遊具作家

のぐちようこ
こども+えほん+観察+デザイン
↑最新情報はコチラ

みつよは8/5、8/11の在廊予定です。
ようこは金土日在廊予定です。
変更はこちらでお伝えします!

\ 8.11 は WSの日 /
『gallery TSD』にて、いくつかのワークショップをご用意します!お楽しみに!- 予約無し・先着順・予定数終わり次第終了です -

|

2022.04.09

4月24日(日)板橋区立美術館「こどもアトリエ」大きな木をつくるWS

Ookinaki_kansei_kazari_memoriari


4月24日(日)板橋区立美術館の「こどもアトリエ」にいらっしゃいませんか♪

お子さんと保護者さんと一緒に大きな木を作ります♪
背を測ったり、葉っぱや枝とともに写真や思い出を貼ってみたり、木に成長や思い出を刻んで、楽しんでいただけたらうれしいです。

参加申込みは、4月9日(土)朝9時からお電話にて先着になります。

板橋区立美術館 電話:03-3979-3251
4月9日(土)朝9時より【先着順】
<月曜休館>

時間、持ち物、参加費など、詳しくはこちらをご覧ください。

↓↓↓

589086b3e47d4533bee64581d8fc6998

今回の大きな木をつくるWSは、板橋区立美術館で展覧会が開かれる時に運ばれてくるものを包んでいる紙資材を使わせていただきます。

この四角い枠の跡!どなたかの額の跡かな?!この紙は何の展覧会の図録が包まれていたのだろう?!そんなことを想像するとなんだかわくわくしてきます。

今回WS当日は、展覧会が開かれていないので、WS会場外の美術館の廊下の壁なども使わせていただけるのだそうです。

ここ数週間たくさん試作しまして、我が家にもあちこちに木が生えましてとても面白かったのです。

参加された12組の12本のそれぞれ木。はてさて、どんな木が、にょきにょきすくすく美術館の壁に生えてくるでしょうか。とても楽しみです。

|