« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008.07.31

てぬコレ搬入日

080731_p

「てぬコレ二〇〇八夏」8/1-17@原宿アシストオン

本日、搬入なのですが、新幹線で遠方に打ち合わせに行くことになり
アシストオンさんや中村さんにおまかせすることになってしまいました。
ああ、申し訳ない。。

中村さんと手分けをして作った展示用パネル。
私の担当分、さきほどできあがって、
早朝、ちゃりんことばして宅急便だしてきました!
朝の気持ちのよい空気を深呼吸して、とってもいい気分。
(朝5時までにコンビニにもってくと、午後2時以降で本日中に届けてくれる!
というのを知ってからこんな朝をよく迎えてしまいます。)

いよいよ明日から始まります。わくわくします。
たくさんのかたが、どれにしようかなーと悩んでくれたらうれしいです。
そして、日々のくらしのなかでくたくたぼろぼろになるまで
使ってくれたらうれしいでーす。

| | コメント (0)

2008.07.25

「てぬコレ二〇〇八夏」8/1-17@原宿アシストオンのご案内

Dm120omote_2 Dm120atena_2

てぬコレ二〇〇八夏
てぬぐいとコレカラ何しよう?

いろいろあって、東京の西側にある武蔵五日市のきれ屋さんと、てぬぐいのコレカラを模索する「てぬコレ」プロジェクトをはじめることになりました。
はじめてのお披露目は、8人のクリエーターが江戸時代から続く「注染(ちゅうせん)」という技法を使ったてぬぐいの新作発表です。
8人それぞれの魅力を染め込んだてぬぐいを手にとってもらえるとうれしいです。

■会期
2008.8.1(金)→8.17(日)
※8.13・14・15お盆休み

■会場
アシストオン
営業時間:11:00-20:00(日祭日18:00まで) 水曜日定休
東京都渋谷区神宮前3-23-1 NODERA BLDG 3F
TEL 03-5772-5172 
http://www.assiston.co.jp

■参加クリエーター
粟辻デザイン/大治将典/岡村志満子/柏木江里子/
小島利之/佐藤マコト/中村幸代 /のぐちようこ

主催|てぬコレ
企画|萩原修 中村幸代 のぐちようこ
企画協力|アシストオン
グラフィック|のぐちようこ 中村幸代
webサイト|中村幸代
てぬぐい制作|きれ屋
協力|かみの工作所

http://www.tenukore.com

+ + +

ややややっとお知らせできるところまでやってきましたーー。
間に合うのか?間に合わないのか?と、どっきどきだった、てぬぐいのデザインプロジェクト「てぬコレ」の立ち上げに、デザインディレクターの萩原修さんと、以前よりオリジナルてぬぐい手掛けているWEBデザイナーの中村幸代さんとともに関わらせていただきました。

私は、グラフィックまわり(パッケージやDM等)を担当させて頂きました。2008年の8月に始まる、8人8様の新作てぬぐいのプロジェクトということで、なんだか、8に縁のあるプロジェクトだったので、ロゴは八角形にしました。てぬコレ文字は中村さんデザイン、2人の案の合体ロゴで発進!?です。

展示会を開催して販売をしてくださるアシストオンさんとの話し合いを経て、贈り物にもしていただきたいという気持ちをこめて、大袈裟にならない程度のちょっとしたパッケージを制作しました。絵柄がわかるよう、トレッシングペーパーで包みます。ひとつひとつに、デザイナーのコンセプトを記した栞カードがつきます。つくり手の気持ちを知ることで、より愛着を持って頂ければ幸いです。英文の説明もそえましたので、海外の方にもぜひ。製造は、どたばたの私の仕事をいつもどーんと受け止めてくださる、かみの工作所さんにお願いしました。

また、本日、できたてほやほやの中村幸代さんデザインの「てぬコレ」webはとてもみやすく、そして、彼女のてぬぐいへの熱い想いがあってこそのレポート<てぬぐいができるまで>もぜひご覧いただきたいです!!

そうそう、肝心要の、てぬぐいの制作は、武蔵五日市の呉服屋さん発のてぬぐい屋さん「きれ屋」さんがつくってくださっています。染めは、浜松の染工場でやっていただきました。先日、きれ屋さん運転の片道5時間!!!のドライブにて、見学に行って参りました。私もたくさん写真を撮らせていただいたので、また後日レポートをまとめたいと思います。

+ + +

私の新作てぬぐいは、またまた、なぜだか、おはなしが思いついちゃって、、(笑)。おはなしてぬぐいにしようと決めつけていたわけではないのですが、なぜか縦長のてぬぐいの画面をみているとむくむくと思いついてしまうのでした。ということで、、おはなしてぬぐい第二弾です。

Tenukore_noguchi_zuan

あさつゆ くものす

そおっと しずかに すをゆらす 
ひとつぶ ふたつぶ ぽろろん ぽろん

おはよう あさです ごあいさつ  
ひとつぶ ふたつぶ ぽろろん ぽろん


一匹の蜘蛛が、自分の巣の真下に芽生えた花の命を愛おしく思い、毎朝、蜘蛛の巣にてんてんと連なった朝露をそおっと降り注いで見守っている話が浮かび、図案化しました。

草花に水をやる時や、雨上がりに、露が葉や茎にてんてんと連なっている様子をみるのが好きで、ちょうど、図案を思いついたのは、この日、6月2日のこの日記この日記の時でした。2つの日記は、実はつながっていました。

畳んでいる時の絵柄と広げた時の全体の絵柄、両方を楽しめるのがてぬぐいの良いところだと思います。普段畳んで使っている時に、蜘蛛の巣の幾何学模様的なところを楽しんでいただきながら、このてぬぐいには、一面に一匹の蜘蛛の静かな朝のお話が広がっているということを密かな楽しみと感じて頂ければ嬉しいなーと思います。

あ、一応、、朝の蜘蛛は縁起がよく<待ち人が来る>とか、三方から出ている葉っぱは私も日々育てながら癒されている南天の葉っぱなのですが、南天は<難を転じる>などなど、すこーーーしだけ、げんをかついでもみました。私のデザインは、古典柄の趣のある感じとは程遠かったりしますが、てぬぐいならではのそんな縁起担ぎの要素も楽しみつつ、デザインさせていただきました。

あ、、、もういっちょ。(説明が簡潔じゃなくてすみません、、)今回は、前回の「てんてんゆき」の時から少し成長しました(笑)。自分で、てんてんつけたりしてません(あたりまえか(笑))。あのてんてんは、あえて、手でてんてんをつける面白さを最初から狙ったものではないのですよ(恥)。てぬぐいの型紙のアミよりも小さいてんてんだったので、染めることができず、手でひとつひとついれるしかなかったのであります。お恥ずかし。

なもんで、今回は、二回目ですし、私も成長しないと!注染の職人さんに全てを任し(もう一回書きますが、それがあたりまえですよね。。)オフセットの印刷やシルク印刷等とは違う、注染ならではの同時に何色も染められるということをやっていただこうと思って、花の部分に違う色をさしました。でも、、、この部分だけ、どてを作って注ぐので、「なんかのふん、のってるよ」なんてちゃかされました。写真がないとわかりづらいですね。これは、後日、写真つきでご紹介させていただきます。また、職人さんが、2つのやかんを持って、同時に色を注いで、ぼかしたり、にじませたり、というのもやっていただきたくて、背景を陽が昇ってくる雰囲気が感じられるよう少し下の方を明るくぼかして染めていただきました。職人さんの技で染めていただく様子を見せて頂くのは、本当にわくわくして楽しかったです。

そんなこんなで仕上がった新作てぬぐい「あさつゆ くものす」。ぜひぜひ、8/1-8/17原宿アシストオンにて手にとってみてみてくださいー!(ギャラリーでの展覧会とは異なって、在廊日などがございません。アシストオンは、面白いもの便利なものがたーくさんつまっているショップですので、展示とあわせてショッピングをどうぞゆっくりお楽しみくださいー!)

追記:

8/1以降には、
アシストオン http://www.assiston.co.jp
てぬコレ http://www.tenukore.com
この2つのサイトでもオンラインにて購入が可能になる予定です。
※私個人での販売は今現在は予定しておりません。

| | コメント (4)

2008.07.24

おさるおやことトマトの巻

0808kodomowomanabu

*ベネッセ コーポレーション
こどもちゃれんじ「月刊子どもを学ぶ」ほっぷ:3・4歳児コース用

8月号はおさるのおやこ。
以前「トマトってつながっているんだよ」のポストカードを
つくっていたので、自信満々(とまではいかないけど)で
描いていたら、ぜーんぜんトマトを極められていなかった!
ということで、正確なトマト情報を頂きながら
ウソのないように描きました。ふぅー。

余談。この表紙が届いたとき、、
サル!トマト!チンパンジー!
ってうたってみました。

+ + +

7月号:ぶちいぬおやことカニの巻
6月号:かばおやこは雨が好きの巻
5月号:ぶたおやことおむすびの巻
4月号:くまおやこと虫めがねの巻

| | コメント (0)

かたよりたい

先日のこと。とある方が「いろんなことされてるんですねー。オールマイティなんですねー。」とおっしゃいました。そうしたら、横にいたもう1人の方が「えーぜんぜんオールマイティーじゃないよね、かなりかたよってるよね。」って。これってひとによっては「失礼なっ」と褒め言葉じゃなく聞こえるかもしれませんが、わたしはなんかほっとしました。かたよってるっていわれるくらいの方がありがたいです。どんなテイストもこなせる万能選手よりも、あーこれはこの人に頼みたいな、と思ってもらえるような仕事したいです。こうなったらもうどんどんかたよっていこうと思います。

| | コメント (3)

2008.07.23

自由が丘のオチコチさん

080721_1080721_2

コド・モノ・コトのGWのエホン展でご一緒した、オチコチさんが自由が丘にショップをオープンされました。

「キリヌキこくばん」を扱ってくださるとうれしいお話を頂き、先日、オープニングパーティーにこくばんとともにおじゃましてきました。

ステキな器などがメインで、その一角にあるキッズコーナーも楽しいものがいっぱい。そこでみつけたこのコックペン、私が買わずしてどうする!と思い購入しました。

+ + +

オチコチ
目黒区自由が丘1-3-22 自由が丘アッシュ101
11:00-19:00  日曜日定休
03-3723-0104

*webはまだお持ちじゃないようなので、検索してみたらコチラの方のblogに詳しく紹介されていましたのでリンクさせていただきます。

| | コメント (0)

2008.07.22

コド・モノ・コトの夏

コド・モノ・コトの定例会がありました。
毎月1回やっているので、先月も会っているというのに久しぶりな気分。なんだかほっとします。
私は、コド・モノ・コト2008の前半の展覧会担当だったので、
GW以降ちょっと気が抜けてしまっていまして、
しかし、他の方々はまだまだフル回転で動いております。
それは・・・
10月に世田谷のキャロットタワーの生活工房でプロダクトの展覧会があるのです。その関連ワークショップが8/3にあるというので、みんな準備に大忙し。


コド・モノ・コトの夏のトピックスとしては、
8月23日(土)24日(日)に、
上鷺宮のコド・モノ・コトアトリエで2日間限定ショップ「こぐ」もあります。
前回大好評だったカフェもまたあるので、
たくさんの方にゆっくり訪れていただきたいです。

| | コメント (0)

2008.07.20

幼馴染みと

「ばっかじゃないの?!」と何回いったかな。

先日、海外赴任中の幼馴染みが一時帰国中だというので会う。
子育てしてるけど、彼女は会うときはかならずこどもを置いて1人でくる。
普段からこどもの話しをほとんどしないのが彼女の面白いところ。
決してこどもを愛してないとかそんなんじゃなくて、
なんていうか、こどもとしてみてない感じというか、
なんか分身みたいというか、もうひとりの彼女がいるような感じで
あっちはあっちで楽しくすごしてるし、というような距離感が面白い。
「かわいいでしょー」と写真を見せられたこともない。
そういえばお互いだんなもいっしょに会おうとしたこともない。
まわりの環境がかわってもなんとなく2人だけの秘密を共有して
にやりとしている小学生のままのようなのだ。

そんな彼女が、帰国中に犬を衝動買い(飼い?)してしまったと
頼んでないのに写真をみせまくる!意外だ!意外すぎる!
だめだよ!君と私は高校生の時に学校にすてられていた、しばっこ雑種を
いっしょに家に連れかえってともに兄弟犬として育てたじゃないか。
そんなぬいぐるみみたいな血統書つきのわんこは似合わないよ!
なーんて、そんなこと言われてもおかまいなし。
うちのコ(もちろん犬の方)をモデルにイラストにしろ、とか言うし。
描いたら描いたでやっぱりホンモノのうちのコが1番とか言うはずである。

「アホか!」「ばっかじゃないの?!」「しんじらんない!」
そんな罵声を気にせずあびせあえる貴重な幼馴染みとの時間。
あっという間に小学生にまで思い出話はさかのぼり、
自分達の精神年齢も小学生にさかのぼる。
その状態でアルコールをつぎつぎ注入するから始末がわるい。
アホだ、毎度お決まりのおならの思い出話や
2人で宇宙人に連れて行かれたかもしれない話に花を咲かしたりする。

おとなになると、いろんな場面で<ちゃんとしなくちゃ>と気をはるけど、
やつとあうと、無防備でだらしなさ全開で
お互いのしょうもない歴史を知り尽くされているもので
今更かっこつけてもかっこつかない。
そうそう、わたしはダメ人間だと肯定?できて爽快なのだ。

| | コメント (6)

2008.07.14

盛夏の候

大きく深呼吸して、きちんとした手紙を書きました。
メールじゃなくて、手紙じゃないと伝えられないものがあるような気がします。
しかし、、すんなりと季節のご挨拶等が書けなくて、情けなくなりました。

まさにこの土日は<盛夏の候>という感じ。
そんななかうちの花達もぐんぐん成長。
白い桔梗がいくつか咲きました。涼し気です。
先頭切ってぐんぐんと柵に巻きついている朝顔と
いつのまにか生えてた向日葵はまもなく咲きそうな気配。
南天は、実が膨らみ始めました。

070713_kk070713_ag
070713_hm080713_nt

| | コメント (0)

2008.07.12

鳥博士

鳥博士

一本のがしたら次は26分後!!
という大自然広がる東京の武蔵五日市駅にて待ってる間にパチリ。

コレなんて鳥?と鳥博士に送るとすぐに「セキレイ」と返事がきました。

| | コメント (0)

5678水木金のしごとのこと

5月中旬から開始するしごとが重なり、
6月はひたすらデザイン作業、7月はつくって、8月(9月)から販売
という感じでいろんなことがほぼ同時進行。
しばらく家にひきこもりっぱなしだったのが一転
今週は母の手伝いで八ヶ岳と実家に行っていた月火に続いて、
水曜日以降も一日もずっと家にいることなく外出の日々でした。

水曜日。
何度も打ち合わせを重ねながらも、
わたしがずーっとなかなか仕上げられなかったとある仕事が
ようやく完成。ほぼokに。ああ、よかった。。

木曜日。
浜松へ。てぬぐいの染工場見学。
今回は、地色を二丁やかん(両手で2つのやかんを持ち
同時に色をさしていく)で濃淡二色でぼかしをいれていただき、
それと、一カ所だけ<どて>を作ってちょろんと、色をさしていただきました。
あまりに小さい範囲だったもので、まきまきっとした<どて>は、
<なんか、"ふん"がのってるよ>とちゃかされました(笑)。
8月に8組の方と8柄でお披露目です。(詳細は後日。。)

金曜日。
本日はアルバムメーカーさんの展示会へ。
社長さんとは、ひょんなご縁からお会いして、
アルバムの商品化のお話をしてくださいました。
実はセルフプロダクト以外でマルシーを表示するのがはじめて。
会社に入社した頃からの<マルシー>への憧れが、
13年後(!!!)にようやく現実となりそうで、、
陳列されている会場をみてぐっときてしまいました。
あー売り場でみたらほんとに泣くかも、、。


そんな一週間、いや数ヶ月、で
家路に向かう途中の渋谷駅でなんだか脱力、、
そのまま家に帰ってばたんキューしそうな勢いでしたが、
あ!!! とひらめき、tuQuiさんへ。
髪をさっぱり切って頂きました。
カラーを待っている間に缶ビール、
その後、南国の海に浮かんでいる気分になるシャンプー
そして、肩や首をマッサージもしていただき、
極楽極楽でございました。

さっぱりと心機一転なのであります。

| | コメント (2)

2008.07.08

目の手術するから来てーっていわれて実家へ。

ずっと細かい作業をし続けてうん十年、目を酷使し続けてきたのもありますが、
年相応に支障がでてきてるみたいで、ちょっとした手術をしました。

手術といっても数十分。
術後は、片目は大きくガーゼで覆われていて痛そう。
しばらく片方も目をつむって安静にしていてください、といわれているのに、
薄目をあけて、お金を払おうとしたり、さっさとエレベーターボタン押したり、
1人でかえれるじゃん!むかえにきた意味無いから、目つむっててよ!
と痛々しい母にむかって憎まれ口を聞くかわいげのない娘。

こわかった?と聞いたら、
目がよくみえるようになると思ったら、ぜんぜんこわくない!って母。
一ヶ月くらいは、仕事もセーブしながら安定するのを待つみたい。
大きな展示の準備も終わったし、7月は体やすめていただきたいけど、、
きっと、もう大丈夫、平気平気!といろいろやっちゃいそうでそれが心配。


わたくし、実は、小学校2年生〜4年生くらいの間、眼鏡かけてて
なぜか驚異的な矯正力?治癒力?で、2.0まで回復したことがあって、
今、こんな仕事しているのに、まだ裸眼。
でも、母もずっと目がよかったのに、老いてから眼鏡になっていたから、
私も同じ道をたどるのだろうか。目の手術、、こわいなあ。。

しかし、、、母や父の病院関連の呼び出しが多くなったなあ。

| | コメント (2)

2008.07.07

八ヶ岳で鬼退治の巻

Momotaro1_2
Momotaro3Momotaro4
Momotaro2Momotaro5
Momotaro7_2
Momotaro6Momotaro0

母の毎年恒例の甲斐大泉、絵本の樹美術館での催しの搬入をしてきました。
舞台美術のような大道具のような感じ。釘くわえてとんてんかんてん。

今年は、桃太郎さん桃太郎さん♪
いやー今年の鬼退治の部屋はすごいことになりそう(笑)。
こどもは狂ったように暴れることでしょう。
いや、おとなのほうがすごいかな。
日ごろのうっぷんをぜひはらしにきてください。

+ + + + + + + + + + + + + + + + + +

絵本の樹美術館
http://www.cam.hi-ho.ne.jp/g-mama/

7/12-11/24
ももたろうになってみようよ
案・製作 野口光世
-子どもも大人もお話の世界に入って楽しむ参加型シリーズ-

+ + + + + + + + + + + + + + + + + +

| | コメント (2)

777

777

七月七日、セブンとご対面。
バディは兄。
なんかほんとに動き出しそう!

この時期、ソフトバンクに変更したら、
間違いなく、iphone目的だと思うけど、
あえて、セブンを買ってしまったりして。。

| | コメント (4)

2008.07.05

スイス♪

ドイツにいる友達から小包が届いた。
封をあけたら、ふわっと外国のにほいがした。

先日の電話で、いろんな国旗の袋があったんだよーと
教えてくれたんだけど、買ってくれたんだー♪
わーい♪スイス♪スイス♪

なべしきも入ってた!
これもスイスぽい?

どちらもみかけた時に
私にあげたいと思ってくれたんだなあー
うれしいなあー

わたしもおくりそびれてる荷物があって、、
ごめんねーまっててーー。

| | コメント (2)

2008.07.04

音楽と人

↑そんな雑誌がありますが、まったく無関係の日記です。

webのお仕事させて頂いてるアーティストさんのライブに
招待して頂いたので行ってまいりました。

私が社会人に成り立ての頃は、
人と仕事する楽しさはまだわかっていませんでした。

入社した会社にはたくさん仲良しができて
そういう意味ではとても楽しく仕事はしていましたが、
仕事においては自分のことでせいいっぱいだったのだと思います。
また、大勢の人、自分よりずっと大人達の中で自分の振る舞い方とか
そういうことに不慣れで難しくて人付き合いが苦手だと思っていました。

が、しかし、音楽の会社に異動したとき、
人と仕事するほんとの面白さを知りました。
人が好きになりました。

週1、続くときは3日とか、仕事でライブに行ったり、
webを担当しているアーティストさんのレコーディングの現場に
深夜にお邪魔したり、ツアーに同行させてもらったりしているうちに
アーティストの方とそのまわりの裏方さんとふれあうことを通して
アーティストさん自身もすごくひたむきな努力をしていることを知ったり、
1人のアーティストさんが活躍するにあたって
多くのスタッフが関わってひとつのことを作り上げていることを実感しました。
レコード会社の人、事務所の人、バンドの人、ローディーの人、
撮影している人、ステージを作った人、照明の人、物販の人、
まだまだ書ききれないくらいいろんな仕事で関わっている人人人。
なんていうかその大勢の中で
<自分は自分の仕事>をしようと感じられたのです。
ほんとに純粋に仕事に打ち込んでいました。

フリーになった今も、ライブにいくとその気持ちを思い出させてもらって、、
なんだか初心にかえります。。

あー音楽っていいなあ。人っていいなあ。

小学生の作文みたいな言い方しかできませんが、、、
そんなことをじんわりと感じていい気分、
な〜っつがくるから〜♪ とうたってます。

さー初心にかえったところで楽しくお仕事してまいりましょー。

| | コメント (2)

わわっ『原宿ガール』

小説家の橋口いくよちゃんの新作が発売されます。
その名も『原宿ガール』
いつもワクワクをおしみなくおすそわけしてくれる彼女は、
発売日前に、新作を届けてくれて、、あーー感激(泣)。

なんだかドキドキとしながら、封をあけると、、
わわっ。なんですか、この
小説・橋口いくよちゃん×絵・真珠子ちゃん×装丁・祖父江慎さんの化学変化は!!
なんか神々しい。。いってます。宇宙のさらに遠くへびゅーんと。。

今手元にあるというのに、明日から書店でみかけるたびに
きっと、わわって心の中でつぶやきます。。
あーはやくみかけたい。。わわっていいたい。。

雑誌で連載中のときは、読みそびれてしまったところもあるので
ほんとに楽しみにしていたんだけど、
つい、うっかり開いた場所から、ぐいぐい引き込まれて
はっと気づけば数ページよんでしまって、いかんいかんいかん、と
閉じました。

ぜったい、一気によんじゃう。
あーよみたいのに、よんでしまうのがもったいない気持ち。。
ど、、どうしたら。。。

P.S. 私信すみません。
ともみーにゃさんは、絶対読んでくださいね。必ズですヨ!!!

| | コメント (4)

2008.07.01

パカッ

パカ

午後イチに国立本店での<てぬぐいカフェ>の搬出へ行き
家にもどってくると、パカッとひらいていました。

でもこのパカッもまだ第一段階。今は、雄しべのパカッ。
この時期にやってきた蝶々の足に雄しべの花粉がつき他の花へ運ばれて、、
しばらくすると、今度は、雌しべの先端がパカッと開いて
蝶々が他の雄しべの花粉を運んでくるのを待つんだそうです。
ということで、同じ一輪の花の中では受粉しないんだそうです。

+ + +

国立本店の<てぬぐいカフェ>、
期間中私はぜんぜんお手伝いできませんでしたが
たくさんの方がきてくださったようです。ありがとうございました!

私にとって、てぬぐいは、
昨年の1月に国立本店でのてぬぐいろいろ展に参加させて頂いて以来
とても身近になりました。
それまでも「かまわぬ」などでいくつか買って使ってはいましたが
作ってみたことにより、てぬぐいの染め方や歴史などにもふれて
ますます興味津々になりました。

自分で作ったモノというのは、出来上がるとうれしくて、
よかったらどうぞ、、とつい人に渡したくなりますが、
なかなか大量に作ることができませんし、
また気に入っていただけるか、邪魔にならないか等
モノによっては、、おしつけ・迷惑になってしまいます。

その点、てぬぐいは、気軽にどうぞ使ってください、と
さしあげることができるのがうれしいです。

今日も家にもどってくると、
おむかいの今年産まれた赤ちゃんとママが外にいらっしゃって、
ちょうど搬出で持ち帰ったてぬぐいがあったので、
よかったら使ってくださいとお渡ししました。

0歳の赤ちゃんから、
先日の神戸の92歳のおばあちゃんにまで使っていただける
「てぬぐい」の奥深さ・面白さにこれからもはまりそうです。

| | コメント (2)

桔梗と業務連絡

桔梗と業務連絡
今年お初の桔梗。
まだおしべは開いてないけど。
りん として綺麗です。

今染めて貰っている手ぬぐいにも
一輪咲いてます。


えっとすみません。
業務連絡。

オレンジ色の電車がとまってて、、
たどりつけません。
遅れてすみません。

| | コメント (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »