« 金太郎飴:記録的ぶーちゃんできました! | トップページ | こくばんのオトモ »

2008.03.09

大正切子のコップ

昨夜は清澄白河へ。
「くらしのスリッパ東京2008」のささやかなレセプションが行なわれました。

<デザイナー>という響きは、どこかきどったイメージがあるのではないかと思うのですが、おおよそそういうのとは真逆な方々ばかりなので、レセプションもほのぼの和やかな時間が流れていました。
こうみえて(?)案外、人見知りの私もすっかり心開いちゃって(笑)昨日はしゃべりまくっていたなあ、、と今日になって思い返しています。足を運んでくださったみなさま、ありがとうございました。出展者のみなさまもとても楽しい時間をありがとうございました。(スイカは無事ギャラリーに忘れていたようでみつかりました!Yさんすみません、ご連絡ありがとうございました!)

+ + +

080308_1_2
080308_1a080308_1b

清澄白河には、かつて働いていた会社の大先輩で、デザイン事務所の三分の二を改築して骨董屋さんになったという変わった経歴をお持ちの方がいます。お近くなのでぜひ!と声をおかけしたら、ママチャリで来てくださいました。

その方から、骨董屋のwebを作って欲しいと相談を受けた時には、私はフリーになりたてで、当初フリーではwebの仕事はするつもりはありませんでしたので報酬はもらうつもりはなくお手伝いのつもりでお受けしました。
でも、それでは、悪いから、、と何か気に入った骨董があれば、とおっしゃってくれました。

その打合せの時に麦茶を出してくださったそのコップが、写真の1枚目のような赤い色硝子がすっと入った、素朴でどこかほっとするようなコップだったので、それをリクエストすることにしました。

大正切子というのだそうです。
骨董好きの中ではあまり好まれるものではないようなのですが、その素朴で普段から使いたいと思わせる魅力を感じました。


080308_2a080308_2b
080308_3a080308_3b

希望していたモノ以外にも二種類のコップを頂きました。白い線の入ったコップとデュラレックスをもっとぽてっとしたようなコップ。どちらもとても素朴でほっとします。

実はそのコップを頂くことはすっかり忘れてしまっていましたので思いがけずプレゼントを頂いた気分です。今日は窓からの光に向けてコップをかざしてにやにやしています。うれしいなあ。

その方のお店はコチラです。
路地裏にある小さなお店は野良猫がひょいっと我が者顔で居座っていてとても和む空間です。ぜひぜひ立ち寄ってみてください。店主さんから、骨董や深川の歴史などなど、たくさん面白い話しも聞けますよ。

*一二三美術店 -くらしの古道具-
web:http://www.hi-hu-mi.jp/
blog:http://hi-hu-mi.way-nifty.com/blog/
大正切子のコップについての記事

|

« 金太郎飴:記録的ぶーちゃんできました! | トップページ | こくばんのオトモ »

コメント

一二三さんのwebはおしゃれですね。
私もお願いしたいですね~。センスいいです。いつもwebみていて温かさが伝わってきて楽しいです。

投稿: 平安姫 | 2009.01.03 10:52

平安姫さん
ありがとうございます!
温かさが伝わって、、なんて言って頂けるなんて、とても光栄です!

投稿: yo! | 2009.01.05 01:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 金太郎飴:記録的ぶーちゃんできました! | トップページ | こくばんのオトモ »