« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007.11.30

ウィンタロー+ネトッコ

Wintaro_netcco1_2 Wintaro_netcco2_2 Wintaro_netcco3_2

小さくて白いまるい子2匹、
なまえは<ウィンタロー>と<ネトッコ>といいます。

今日からお披露目になりました。我が子を影から見守る思いです。
よかったらみてやってください。

=====================================
*Sony Music Online Japan
http://www.sonymusic.co.jp/
タイトル横に小さくいます。
クリックすると・・・

*Winternet '07-'08
http://www.sonymusic.co.jp/winternet2008/
=====================================

Sony Music Online Japanの年末年始企画のWinternet(ウィンターネット)の
キャラクターデザイン/ロゴ etc... の仕事をしました。
(ページの日本語の見出しとかレイアウトとかのデザインとHTMLは
別の制作会社さんによるものです。)


Wintaro_netcco10Wintaro_netcco11Wintaro_netcco12

立体制作は、のぐちみつよせんせい(母)に依頼しました。
納品するときは、別れがさびしくて、、渡したくなくて、、(笑)
でも、アーティストたちに会いに各地にとんだりしていると聞いて
ほんとに空をとんじゃってるのかと思うとうれしくなりました。
アーティストバトンというコーナーでだっこされています。)

壁紙も作らせてもらいました。
みなさまのPCにもウィンタローとネトッコがとんできますので
よかったら・・・ポチッとどうぞ。


| | コメント (2)

2007.11.29

『デザインの現場』12月号

Designnogenba12_0Designnogenba12_5
Designnogenba12_1Designnogenba12_2

『デザインの現場』2007年12月号(美術出版社)

ベネッセ・コーポレーションの新しい幼児向け英語商品
「Worldwide Kids English」Emotional Toys Design Project
について「大人になっても手元に置いておきたくなるおもちゃを目指して Emotional Toysの開発」という記事にしていただきました。

続きを読む "『デザインの現場』12月号"

| | コメント (0)

2007.11.28

『NIKKEI DESIGN』12月号

Nikkeidesign12_0_2Nikkeidesign12_3
Nikkeidesign12_1Nikkeidesign12_2

『NIKKEI DESIGN』 12月号
特集:「サイズ」が開く新しい価値
〜子供に安全なサイズって何?〜

ベネッセ・コーポレーションの新しい幼児向け英語商品
「Worldwide Kids English」Emotional Toys Design Project
の玩具の開発時に気をつけなければならなかった
ちいさなこどもが誤って飲み込まないサイズ、安全なサイズについて
取材を受けました。

| | コメント (0)

2007.11.25

ぶらり京都-凉菊展・文箱に入った十二の贈り物展-

ぶらり京都の旅をしてきました。(といっても日帰り。)
コド・モノ・コトの増田多未さんと萩原修さんと、はるばる2つの展示を見に行きました。

まず1つは、コチラ。恵文社へ。
========================================
凉菊展−りょうひの着る服−
une chrysantheme(ユヌ クリサンテム)
会場:恵文社 生活館ミニギャラリー
会期:11.17-11.30(最終日は18時)
詳細はコチラ
========================================
コド・モノ・コトの「きゅーぐー展」に参加された、小松陽佳留さんの個展が、11/17より、京都・恵文社生活館にて始まりました。一人娘の凉菊(りょうひ)ちゃんが生まれたことがきっかけになり、立ち上げられた、子ども服のブランド「une chrysantheme(ユヌ クリサンテム)」の初の展示会だそうです。
「きゅーぐー展」を通じて出会った、磁器作家ナカハラマキさんによる磁器ボタンの販売もあると聞いて、そんなコラボレーションが生まれていたとは!とうれしくなって行ってきました。ボタンは、3種類ありました。迷いに迷って2種類買ってきました。
そして、今までwebでしか見たことのなかった、小松さんのこども服。実物をみてうなりました。素材も気持ちイイし、ボタンだったり、ポケットの位置だったり、ぐっとくるポイントがいっぱい。

071123_1

写真は、撮っていいのかわからなかったので、外からちょとパチリ。わかりにくいかもしれませんが、赤/緑/グレー/ベージュの布がはぎあわせて作られている鳥がとてもかわいいです。
恵文社のwebに展示の様子があるので、そちらをぜひ見てみてください。
小松さんのwebはコチラ。私はコレコレがいつか欲しいと思っているのです。ズボンをはいているようではいてないデザイン。ぷぷぷ。たまりませんー。
関西にお住まいの方、ぜひぜひのぞいてみてください。

さて、次なる場所へ移動。

071123_2
071123_3
071123_4

エイデンは、1両でやってきます。かわいいなー。しかし、、戻りは、ほのぼのでしたが、行きはすごかったですよ。紅葉を見に行くお客さんでぎゅうぎゅう。京都が1番混む日に何もフリーランス3人がやってくることなかったんですけど、どうしてもここしか日程がなくて、、、。
出町柳に戻ると、思い出すのは、昨年友達に連れて行ってもらった、出町ふたばの大福。友達に電話して行き方を教えてもらって買いに行きました。しかしこちらもさすが三連休初日!大行列でした。多未さんと私と無事買い終えて、さあ、待っていた修さんと川辺で大福休憩、、と思ったら、修さんが行方不明。すでに次の目的地の二条城方面までずんずん歩いていっていることがわかり、のちほど合流、ということになり、大福はおあずけ。私達は、大福行列にひよって、バスで行くことに。バス停まで行く途中、遠くの山に<大>発見!バス停近くの銀杏がとてもきれいでした。

さて、2つ目の目的地は、コチラ。ギャラリーモーネンスコンピスへ。
========================================
「文箱に入った十二の贈り物」展
柏木 江里子さん
会場:ギャラリーモーネンスコンピス
会期:11.23-12.6(火曜日休み)
詳細はコチラ
========================================
もう素敵ーー!の一言。
十二ヶ月の文様が入った箱にはいろんなものが。ひとつづつのぞくのがとても楽しい。時間を忘れてずーっと眺めていたいくらいでした。
写真を撮ってもいいですよー と言ってくださったので撮らせていただきました。
写真は、美篶堂さんが製本された六月、桐本さんの帯留の八月、ぽち袋がいっぱいの九月、落ち葉の干菓子がいっぱいつまった十一月の文箱です。

071123_6
071123_16
071123_7
071123_8
071123_9
071123_5

じっくりじっくり見させて頂いていると、なんとなんと輪島キリモトの桐本さん登場!!
輪島の桐本さんと、東京の私達が、京都でばったりなんて楽しいうれしい偶然♪いっしょにお茶をいただきました♪
関西にいらっしゃったのは、奈良でこちらのお披露目だったそうです。
LOUIS VUITTON meets JAPAN
検索したらこんな記事も発見!すごーーい!

私達は、その後、外が真っ暗になるまで長居させていただき、オープニングパーティにまで参加させていただきました。
柏木江里子さんはもちろんいらっしゃっていて、いっぱいお話できました。今年の5月に代官山のit'sで展示されている時に、私は近くに用事があり、ふらりと立ち寄りました。とても素敵な作品ばかりで、たまたま次の日も代官山にくることがあり、2日続けて訪れてしまったほどでした。ただ、その時は、誰かに紹介してもらったというわけではなかったので、初めてお会いしたので、私はこういうもので、、なんてお話はまったくしませんでしたので、今回きちんとお話できて光栄でした!

今回1番のお気に入りだった。十一月の文箱に入っている干菓子を作られているフードコーディネーターの原敬子さんもいらっしゃいました。とても気さくな方でいっぱいお話しさせていただきうれしかったです。

そして、このギャラリーのオーナーさんであり作家さんである、井上由季子さんとseiken工作所さんが行なっているモーネ寺子屋(写真を見せて頂きましたが、おとなが受講できるものもあり、こどもが受講できるものもあり、とてもいろんな素材を使って面白い試みをされていて楽しいそうでした♪)の話もとても興味深く勉強になって、思い切って京都に来てよかったーーー!!!と思いました。

071123_13
071123_14
071123_15

さてさて、終電で帰ってきて、家につくなりやったこと。
柏木さんの十一月の文箱のふたをあけて、、さっそく落ち葉拾いをして、にやり。
出町ふたばの大福を並べてにやり。 ぱくっといったかどうかはご想像通りです。

| | コメント (0)

2007.11.23

密買ギャラリー@CET

071123_kokuban

密買東京さんがCET「密買ギャラリー」をするそうです。
会期:11月23日-12月2日(全日18:00-22:00)
会場:千代田区東神田1-2-11 アガタ竹澤ビル1階
詳しくはコチラ

いつも扱ってくださっている、「ひげ+コック帽」の他のモノも
少しですが納品しました。

家の近くの作家さんのところに作品を取りにいらっしゃるということで
密買の方が車でうちにも寄ってくださいました。
写真は、玄関で引き取られてゆく前。
ドナドナドーナドーナー

お近くに行かれた際にはよかったら、のぞいてみてみてください。

| | コメント (0)

2007.11.16

柿+さるかに+白雪ふきん

071116_kaki

柿をもらう。


071116_sarukani071116_sarukani1071116_sarukani2

柿といえば、、、
母の<さるかに合戦>がもうすぐ終了。11/25(日)まで。
今週末、来週末、秋の行楽に八ヶ岳散策や紅葉とあわせてぜひ絵本の樹美術館へ。

2007_sarukani0

2007_sarukani1

2007_sarukani2

2007_sarukani3

2007_sarukani5


続きを読む "柿+さるかに+白雪ふきん"

| | コメント (2)

2007.11.12

ふわりんか+家計当座帳+きょうのごはん

071111_fuwarinka
071111_kakeibo

昨日は、同期のMちんとMちゃんと<突然ごはん>でした。
Mちんからは、いつも突然お誘いがきます。「今日、どう?」って。
私はこのお誘いがすごく好き。

ちなみに昨日は、私とMちゃんに
「18時に恵比寿で用事が終わるからどう?」って。
私は18時半くらいなら恵比寿に行ける、と返信。
Mちゃんは、ライブに行くから終わったら21時半頃合流できる、
ということだったので、じゃあ、六本木で映画一本みよう!ということに!
突然の思いつきがパキポキっとうまく時間がはまって
盛り沢山に遊べたりすると妙に達成感があります。いえい。

写真は、2人からのいただきもの。

Mちんの仕事はお菓子の仕事。
<ふわりんか ツインカローズ>バラのかほりの飴ちゃんをくれました。
なんと美人度コントロールキャンディとな。女子必須アイテムですよ。
東京近郊にお住まいの女子は、大至急コンビニでゲットですよ。

Mちゃんからは、2人にお誕生日プレゼントいただきました!
(Mちんと私は同じ誕生日。)
あけてびっくり、ええー<家計当座帳>って(笑)!
何が可笑しいって、この3人は同期の中ではかなりの浪費家。
<買い物したらスグ記帳>だってーーわはは(笑)。
このそっけない表紙は、いけてるね。ナイスセレクト。
それと、<東京最高のレストラン>だって。すごーい。
私はこういうの、ほんとにうといから全然知らないのでありがたい!

071111_chahan
071111_oden

さて、激安中華の北京ダックは、
満腹で食べ切れなかったので各自わけわけしてお持ち帰りしました。
そして本日は炒飯に。(ぜんぜん北京ダック写ってないけど。)

夜は、金曜から延期になっていたおでんを
昼からじっくり仕込んで美味しくいただきました!
写ってないけど、じゃがいももほっくほく。
ほんとにこの鍋買ってよかったなー。

| | コメント (0)

2007.11.11

製本を教わりました

071111_seihon1
071111_seihon2
071111_seihon3

美篶堂さんの製本ワークショップに参加してきました。
文庫本を解体して、布ばりのハードカバーの本に仕上げるワークショップ。

私はちょうど、中が真っ白の文庫本サイズのノートを持っていたので、
そのノートを解体して「てんてんゆき」のてぬぐいをはることにしました。

さきほど、一晩重しをのせていたのをわくわくしながらどかして、、
やたーー完成!!!

おはなしてぬぐい「てんてんゆき」を本にできるなんて思ってもみませんでした。
感激でなんども開いてはにやけてしまいます。

名付けて、おはなしノート「てんてんゆき」?
中は真っ白。
てんてんゆきのおはなしがもっともっと広がっていくような気持ちになります。

ひとつひとつ丁寧に教えていただきながら、
自分の手で仕上げたこの一冊は、たまらなく愛おしいです。
美篶堂さんに感謝!
いつか和綴じでも作ってみたいです!

| | コメント (0)

2007.11.09

白い歯一本プレゼント

Ha

長かった歯医者さんが今日でようやく終了。うれしい。
最後の日に思い切って、聞いてみようと思っていたことがありました。

いつも案内されるイスのそばに置いてある歯のカタチの定規。
歯のカタチが好きな私としては、気になってしかたないアイテムでした。
ずっと定期的に通ってたけど、1mmも動いておらず使っている形跡がない。
しかも、半分欠けている。ひょっとしたらもらえたりする?! 
なんてちゃっかり思っておりました。

とはいえ、いきなり、、「アレ、ください。」とまでは、思い切れず、、、
「アレは、歯医者さんしか買えないのでしょうか。」と聞いてみました。
「ああ、アレは歯医者しか買えませんよ。」
「・・・そうですか。」 ここで、しばし間があったのち、
「持ってきますか?」と先生。
「やったー。ありがとうございます。」と言ったら、
「・・・あげませんよ。」だって!!(笑)
この先生は、ひょうひょうとしながらも、いつもどこか間が面白いんです。

でも、会計してたら持ってきてくれました。
「もう一本あったからあげますよ」と。
欠けてない方をみたら、奥歯のカタチもありました。うわぉーそっちもたまらん。
「反対側も見つかったら、とっときますよ。」って。わーい。

さらに先生から思わぬ依頼が・・・
「ホームページつくってくださいよ。」って。

前々から、歯医者のロゴ仕事したい(かなりピンポイントな希望)と思ってたので
「ロゴも作っていいですか?」と言ったら、
「いいですよ。でもあまりかわいらしくしすぎないでくださいね。」
だって。ぷぷぷ。先生、ごめん、きっとかわいくしちゃう。

そして大笑いだったのが、この一言。
「作ってくれたら、白い歯一本プレゼントしますよ。」
だって。わははははは。

右側の奥歯の銀歯が、いつも写真でぴかーんと光っちゃうのよねー。
よーし、この仕事して、詰め物を白くしてもらっちゃおうと、ニヤリ。

ギャランティは白い歯。
しかも1番いいのを入れてくれるそうな(笑)。
あとにもさきにもこんな仕事ないでしょうね。面白いわー。


家に帰ってから、もらってきた定規でさっそく遊びました。へへ。楽しい。

余談:よく歯医者の日記の時に書いていますが、、
以前、歯が主人公のおはなしを作って1枚の絵を描きました。

銀歯は実は歯の間では「かっこいい!」って憧れの的...

| | コメント (0)

楽しい時間

071107_umi
071107_onaka
071107_lemon
071107_cake

誕生日の日に、茅ヶ崎に引っ越した友達のU子さんの家におじゃましました。
砂浜でおにぎりたべました。気持ち良かったです。

いっしょに行った友達は、5ヶ月目でぽっこりしてきています。
U子さんちのひょうたんくん(あだな)は、
このおなかにともだちがいるのがわかったのかな?

U子さんのなかよしなおばさまも立ち寄られました。
きれいな湯河原のレモンをお土産にもらいました。
ひょうたんくんにとってはなんでもおもちゃ
このレモンを転がしたり、ぶんぶん振り回したり。

ケーキにロウソクたてて、みなさんにお祝いしていただきました♪


071107_zairyo2
071107_waza
071107_cake2

そして、誕生日を父母に祝わせてあげよう、という押し付けがましい娘は、
夜は実家へ行きました。(夫のBさんも仕事でしのたで。)

でも本題は、イラストを立体にする製作をお願いしているので、その打合せ。
まずは試作してみよう、と、目の前で立体になっていく様は楽しい。
でも、脳天気にこうしたいああしたいとだけ言ってても成長しないので
師匠の技を盗むべく凝視して、質問ながらメモメモ。

それと、またケーキ。誕生日くらい、いいよね。ははは...。


071108_tokei

次の日の朝、時計が届きました。(自分から自分にプレゼント)
数字が凸になってるところとぶ厚いところが気に入りました。
陶器のyoといっしょに並べました。

| | コメント (0)

2007.11.07

何でもなくない日+小さい虹

364日何でもない日だとすると、
今日一日だけは、私の何でもなくない日。
0時を過ぎたら、家族や友達から
おめでとうって電話とメールが届きました。
いくつになってもうれしいものです。

今日は、まだもうちょっと仕事します。
ちいさなちいさな謎の生物を作ってます。
多分、今日完成できそうなので、、そうすると、、
この子達は誕生日がいっしょになるのかも。
お披露目は12月だけども。

日中は、お仕事中断。2カ所に遠征。
楽しい一日になりそうです。

+ + +

自分への誕生日プレゼント、、
という訳ではなかったんだけど、
注文したら、今日届いたので、繰り返し見ています。
小さい虹が・・・パラパラパラパラ・・・楽しいです。

「Rainbow In Your Hand」

| | コメント (0)

2007.11.06

俺の鍋

071106_nabe

鍋を買いました。
ビーフシチューが断然美味しくなりました。あー幸せ。
(と、いっても作ったのは夫のBさんです。)

+ + +

以前、Bさんがめずらしく土日にお休みで家にいた時に、
私が何も食べものを用意せずに、仕事(活動)とかで
出かけて帰ってきた時に説教されました。

「掃除や洗濯は俺の担当。料理は君の担当でしょ。きちんとやってよ。」

Bさんは掃除と洗濯が大好き。私は、家事の中で唯一料理は好き。
なので、うちはこんな分担になってるんです。
私も疲れて帰ってきて、いきなりこんなことを言われると
自分のことを棚にあげて、ぶーたれたりしそうでしたが、、
この続きが意外なコメントで、、

「俺はさ、料理も好きなんだよ!大好きだけど、君に担当を譲ってるんだよ!」

だって。それを聞いたら、吹き出してしまいました。
そうかあ、大好きな担当を譲っていただいているんだったら、
そりゃあ、ちゃんとやらなくちゃね、と思いました。

+ + +

話しは鍋にもどって、、
ということで、時々、喜々として楽しく料理をしてくれます。
今回、この鍋の色は、自分の好きな緑なので、どうも、<俺の鍋>らしいです。

| | コメント (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »