« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007.03.30

愛すべきモノたち

070330_4

先日、くらしのスリッパ開催中のハウススタイリングさん
うちのコックさんと親戚のような
木のフラスコのカタチのフラワーベースを買いました。
デスクの前のところに並べてみました。
目の前が楽しくなりました。

+ + +

070330_1070330_2070330_3

きちんと並べて飾ったりするの久しぶりでした。
そういえば、、とまわりを見渡すと、、
忙しさにかまけて、愛するおもちゃたちをぽいっと雑多に置いておりました。

目の前の栗鼠と談笑中の海老くん、
意図してクッキーの上においたわけじゃないので、、
座布団二枚に座ってるみたいでおかしい。

なぜか、窓辺に蛸が増殖中。
IKEAで買ったタコブラザーズと
駄菓子屋さんで買った紙風船。
これも意識して置いたわけじゃないので、
ふと、気付いて、、窓のところ蛸ばかりだなあ、、と思ったり。

手元には、ネフの赤い虫くんがころん。
もじゃさんに「かわいいでしょう」ってみせてもらって一目ボレ。
買えるお店を教えていただき、うちにやってきました。
あーかわいい。

| | コメント (0)

2007.03.28

輪島キリモトさんが出品される「日本の素材展」

私にもできることないかな、、と思って。。。

輪島の地震で、住宅や工房に大きな被害がでているという、とても大変な状況の中、輪島キリモト・桐本木工所の桐本さんが、4月3日(火)〜9日(月)日本橋三越の「日本の素材展」に出品されるそうです。いつも送って頂く「いつものうるし通信」より抜粋して転載させていただきました。ぜひ。
 *昨年工房を見学させて頂いたときの様子はコチラ
 
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

○「日本の素材展 —J・spirits—」

会期:2007年4月3日(火)〜4月9日(月)
会場:日本橋三越・本館5階 リビングステージ
※お問い合せ先:J・スピリッツ(直通)03−3274−8533

日本の豊かさとはなにか。世界に誇れる日本とはなにか。
J・スピリッツは“21世紀の用の美”をテーマに、日本の素材、日本の装い、日本の職人、日本のクリエーターに注目し、インターナショナルに通用する“和”の世界、日常生活の中で心地よく使える品々をご紹介いたします。

※J・spiritsコーナーの3社での共同企画です。

【輪島キリモトー木】
・楕円の桶をはじめとした、白木のシリーズを中心に展開いたします。白木のワインクーラーを使った、春らしい爽やかなテーブルセッティングも提案する予定です。

『墨絵体験教室』
コースター5枚にお好きな絵を墨で描いていただきます。後日、輪島キリモトのスタッフが拭き漆技法で仕上げ、お渡しいたします。詳細はお問い合せください。
・日時/4月7日(土)13時〜/15時〜
    4月8日(日)13時〜/15時〜  ※各回10名様
・参加費/3,150円(税込価格)
※ご希望の日時をごお知らせ下さい。(要予約)
03−3274−8533(輪島キリモトフタッフ・三條場・吉田まで)


【東京松屋】
・江戸からかみの老舗「東京松屋」からは、春のよろこびを伝える屏風を展示いたします。春の陽ざしに映える襖・障子のお貼り替えもご提案申し上げます。

【布の見世】
NUNO WORKS の布地は、型染、シルクスクリーン、転写など捺染技法を駆使し、日本の職人の手作業でつくっています。大胆なデザイン、豊かな色彩が特徴です。


こんな時こそ頑張りたいと思っています。
たくさんの方のご来店を心よりお待ちしております。


 
輪島キリモト・桐本木工所/桐本泰一 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

石川県輪島市杉平町成坪32 〒928-0011[桐本木工所]
tel 0768-22-0842/fax 0768-22-5842
e-mail houkiji@big.or.jp

東京都中央区日本橋室町1-4-1 〒103-8001[日本橋三越店]
三越日本橋本店・5階・J.スピリッツ
tel 03-3274-8533(ダイヤル・イン)
e-mail shop@kirimoto.net

東京都中央区日本橋人形町2-20-7・2F 〒103-0013
[うるしの間・体験型ショールーム] サイレントオフィス内 ※完全予約制
tel 090-8966-7142(桐本泰一携帯電話)
e-mail urushinoma@kirimoto.net(予約専用)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

| | コメント (0)

注染づくし

070327_2070327_3070325_eki

日曜日は深川の江戸資料館へ。
戸田屋商店創業135周年記念
<注染づくし 見たり・聞いたり・試したり>
の展示に行ってきました。

おっと、今日最終日じゃないかと気付いたのが午後2時半。。
大慌てで用意してギリギリセーフで入館しました。

頑張って間に合ってよかったです。
てぬぐいろいろ展でお世話になった戸田屋さんや、
染工所の工場長さんにもお世話になりました、と、
ご挨拶ができました。

工場長さんに「引き続きまた宜しくお願いします。」と
言うと「今度は耳はやめてよ。」と言われました。
染めていただいた当日も何回も
「この耳はっきりだせっていうんだからまいっちゃうね。」
とおっしゃっていたので、、、
よっぽどなんですね(笑)。
一見単純な絵柄で簡単そうなんだけどなー。
難しそうに見えて簡単なものもあれば、
簡単そうで実は難しいものもある、
そういうのがわかるまでには経験ですねえ。

てぬぐいろいろ展でご一緒したGARAN DESIGNのNさんと偶然会場で遭遇!
前からてぬぐいを作っていたNさんは、注染の実演にも
参加して、とても熱心に戸田屋さんに質問なさっていました。
私はまだまだ1枚作っただけの浅い経験ですが、それでも、
これは、どうやって染めてるの?!と気になる新作があって
質問してみました。
糸目染/淵染め・淵ぼかしという技法で染めたというそうで、
実際には染めてる行程を見てないからよくわからないけど、
通常の注染ではあらわせない罫線のある絵柄になっていました。
参考のために、その技法で作られた試験管柄というのを
買ってきました。いつかこういう表現でもつくってみたいな。
それともう1枚、ふつうの注染の技法の櫛柄のてぬぐいを。

3枚目は、半蔵門線の清澄白河駅の壁。
いろんな図柄があってかわいい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

社長のラーメン屋さん

070324_1070324_2070324_ramen
070324_4070324_5070324_6
070324_7070324_8070324_ito
070324_9070324_10070324_11

先日、群馬の大間々、赤城というところまで母と行ってきました。
目的は、私は刺繍の丸進さんの社長さんに試作のご相談と工場見学、 母は、新作の量産品の打合せです。

こちらの社長さんはラーメン好きがこうじて、工場敷地内にラーメン屋をつくっちゃったのです。金・土のみの開店ということで、くるなら金か土に来てぜひラーメン食べて行ってとおっしゃるので、土曜日に伺いました。
工場の人だけではなく、ご近所の家族連れや小さい頃から来ているという野球帰りの少年などたくさんのお客さんで賑わっていました。

そして、何より面白くてそしてすごく素敵な事なのが群馬のその桐生や大間々の産業に携わる同業の人や近い仕事の人々もラーメンを食べにきているということでした。社長曰く、ラーメンが好き(お水は赤城の山の天然水を使う等、 素材もすべてこだわっている。)というだけではなく、地域と工場、同業のつながる場を作りたかったとおっしゃっていました。 ただ、ラーメンを食べにきてくれるだけなんだけど、そこで話をしたりするなかで自然につながって輪がひろがっていくということですね。

現にこんなことも。
最初に作品などをみせて、相談を少ししてからお昼になったので、ラーメン屋に移動して食べてる時のことでした。
「おねえさん、アレ、ハンカチにしたらいいのに。」と社長が私の作品をみて提案をしてくれたので「はい、ハンカチ、つくってみたいですー」なんてラーメンすすりながら応えると、、社長が「おーい、○○さーん、」とよんだ人は、ハンカチ工場の社長さん。ちょうど、ラーメン食べにきていて、紹介してくれました(笑)。

それと、もうひとつ。
初老のご夫婦がやはりラーメンを食べにきていて、社長さんが、「このひとは、桐生の<お召し(平織り)>の4代目なんだよ。」と紹介してくだいました。そして、つづけて、そのご夫婦には「このこは、デザイナーで、いいてぬぐい作ってるんだよ。」と紹介してくださいました。それだけなら、ありがたいなーうれしいなーと思うのですが、、(笑)、社長はつづけて、「ほれ、アレ、朗読して。」とてんてんゆきのおはなしを朗読するようにうながされました。(自分で作っておきながら、なんですが、、人前で(しかもおとなに)読み聞かせるのは照れくさいものです。。)

その<お召し>のご夫婦が、その昔、新年になると桐生の芸者達が、自分の名をいれた手拭いをもって挨拶まわりにきたものだ、と話されると、すかさず、社長が「その昔のてぬぐい、このこにみせてやってよ、あとで行くから!」 というのでびっくり!
かくして、突然、桐生のお召しの4代目の立派なおうちにお邪魔する事になりました。

070324_14070324_15070324_16
070324_17070324_18070324_19
070324_20070324_21070324_22

残念ながら、てぬぐいをまとめた箱が見つからなかった、ということでしたが、商売をしているところが、自分の名(店名)をいれた風呂敷を新年に配るということで、古い風呂敷をたくさん見せて頂きました。すてきな年代物のお召しもいくつか拝見しました。とても素敵でした。。それと、、風呂敷をまとめていれてる段ボールが「ニッポンビール」と書いてあるのが気になりまして家に戻ってから調べると、ニッポンビールは、サッポロビールの前身なのですね!!これまた、段ボールも年代ものでございました。

さて、そんなこんなで、刺繍の工場見学(古いミシンと最新のミシンと社長曰く日本一(!)の設備。いろんな色の糸巻や古いふるい工業用の足踏みミシンなどみてて楽しいモノばかりでした。)と隣接するプリント工場見学もさせていただき、盛り沢山な一日でした。

+ + +


どこも次の一頁を探している。君は間違いなく次の一頁。
モノづくりに情熱を持っている若いクリエーターは、地方の技術をもっている我々のような零細企業にとっては未来の地図なんだよ。

ケチになって、がめつくなって、 そして、自分のやりたい面白いことやりなさい。
<商売ごっこ>になっちゃいけないよ。

などなど、若者(私もまだまだ若者でございます。はい。)を勇気づけてくれる社長の数々のことばを今日になっても何度も反芻してしまいます。ありがたいです。
ケチにがめつく、というのは、なんでもお金をかけりゃいいってもんじゃないよ、と、その結果に、買ってもらえないような値段の高いものになっちゃった、ということにしないよう、ちゃんと自分にも技術を身につけて外に出さずともできることを増やすとか、安くて技術のあるところを一生懸命探すとか、そういうことを考えてやっていきなさい、という意味でした。

+ + +

ちなみに、、長くなってしまいましたが、この社長さんとのご縁の話を。
社長さんが<布のえほん>と出会われて、自社でお持ちの型抜きの穴でぬいたフエルトをいかした布のえほんをつくってもらえませんか?と母のところに依頼をしてきてくださったのがご縁なのです。(現在こちらで作って頂いてる2冊の布のえほん「3匹のこぶた」と「なんのかげ?」は、クレヨンハウスの2Fで販売しております。ぜひ店頭でみてみてください。)

気持ちもからだもどかーんと大きいあったかい社長さん。これからいろいろとお世話になろうと思っております。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.22

ふえるわかめちゃん

大波が落ち着いた今日この頃。
平常運転、適度な仕事、適度な作業で幸せな日々。
なにが幸せって料理が作れること。

忙しい間は、ほんとうにすぐに作って食べれる
適当なものばかりだったんだけど、
冷蔵庫に買ってきてある野菜をいっぱい使って、
何品も作るのがただただ楽しい。
多分、これが当たり前の人はいっぱいいるだろうけど、
忙しくなるとすぐに私は料理に手を抜くので
普通の料理をするのもまだまだ楽しいと思えるのだ。

今日もごぼうを無心にささがいている時に
料理にまつわるどうでもいい記憶がふとよみがえった。


題して:ふえるわかめちゃん

よくできるうえにかわいらしい男の子のアルバイト君が
待望の一人暮らしをしたと話している時、
まったく料理を作らないという彼に、おせっかいな
お姉さん社員達は、コンビニ弁当ばかりじゃ体に悪いわよ、
簡単でもいいから作りなさいーとか話してた。
私もその輪に加わり、私也に真剣に彼にアドバイスをしてみた。

「まず、ふえるわかめちゃん、買いな!」

まわりにいた、お姉さん社員がくるっとこっちをみて総攻撃!
ふえるわかめちゃんより包丁やまな板だろが!と。

本当にふざけたわけじゃないのさ、
彼が料理を作らない→コンビニ弁当ばかり→
じゃあ、せめてお味噌汁だけでも!という思考回路から
ふえるわかめちゃんを!と思ったんだけど、、、、

数年経った今、ふとそんなこと思い出したんだけど、、
うん、そうね。
間違いなく最初に買うのは、
ふえるわかめちゃんじゃないね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Qちゃん

070322_1070322_q

昨日、夫Bさんのおつまみのスルメイカを
ひとつもらったら、、、
きれいなQちゃん唇でした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.20

記憶とお金

大学の卒業式の日にサリン事件が起こった。
なので、あれから12年、などの報道を聞くと
私も学校を卒業してからそんなにたつのかあと思う。

社会人になって12年。毎年12万。
まだ奨学金をかえしてるなんて情けない?
あらためて思うけど大学ってお金かかるね。すごいよね。

まだ産んでないけど、子が出来たとして
今から一年に12万貯めたら18年後に216万。
これじゃまだ母校の学費には到底及ばない。。

母は、未だにその頃の事を「死ぬかと思った。」と言う。
あのお金儲けと縁遠い作家業(ボランティア活動も しつつ!)
でよく私を行かせてくれたなあ、と感服。そして感謝。
(その頃父はちょっと遠い宇宙にいっていたので、、(笑))

そろそろすぱっと残額精算して
きれいさっぱり卒業したほうがよいかも。
がんばって仕事しよ!(たのしく!)

| | コメント (0)

2007.03.19

今朝起きたら、次だ!と思ってわくわくした。いい朝だ!

先週も何気にばたついて作業どっぷり。
モノの仕事とwebの仕事は頭の違う部分を使う。
普段よりこみいったフラッシュを作ってたら
頭ん中がこんがらがっちゃって
かなり時間かかってしまった。
日々精進なのだ。
昨日の夜、無事納品。やっほーい。晴れ晴れ。

次は、コド・モノ・コト。
GWは吉祥寺へーー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.18

おやこでポチポチ

070317_1070317_2070317_3

産まれたてのあかちゃん来店。
スリッパとほぼ同じ頃に誕生したあかちゃんのおうちに
ポチポチスリッパもらわれていきました。うれしいな。

きみの足もとにもポチポチ。
おかあさんの足もとにもポチポチ。
おそろいでポチポチポチポチ。

+ + +

昨日は、くらしのスリッパのお茶当番でした。

到着すると、ちょうど、まったく知らないカップルが買おうとしてくれていました。感激のあまり抱きつきそうでしたが、抱きついたら、この人、気持ち悪いと思って買うのやめちゃうかもしれないので、気持ちをおさえてお礼を言いました。

たくさん友達がきてくれました。おめでたいうれしいニュースも聞きました。会場に残されたメッセージをみて来て頂いていた方を知りました。

人と人、人とモノがつながってく感覚たまらなく好きです。
ありがたいなあーとしみじみします。

+ + +

もしも、もしももしも、これから購入を検討されている方がいらっしゃいましたら、お伝えしたいことがあります。

昨日時点で、同色同士の組み合わせばかりが残っております。(一点、オレンジ+アイボリーがあったかも。)

お店の方に「この甲と底の色の組み合わせが欲しいのですが、」と言ってくだされば、組み替えてくれるそうです。(こんなお手数をおかけすることを、お店の方から提案してくださり感激しました。。)

+ + +

そうそう、夫Bさんも出張がえりに寄ってくれました。夜は友達のライブに行く、といって、お土産の稚加栄の明太子を手渡し、そして、展示の仕方にダメ出しをして、いかれました(笑)。

同色同士で飾ってたんですけど、
・色が組み替えられるという状態でみせなさい
・ひとつは、分解された状態でみせなさい
と。うーむ、おっしゃることはごもっともと思い、かえてきました。


◎くらしのスリッパ
http://slippers.cocolog-nifty.com/blog/

「pochi + slippers」
http://slippers.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/pochi.html

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.03.17

レッチリチリ

今週、レッチリのライブに誘われて楽しみにしていたのに!
延期だって!

もうこの際
レッチリじゃなくてぜんぜんいいから、ライブに行きたいなー。

20代の頃はライブによく行っていたのに、
とんと行ってないーー。

BECKとか、同じツアー何公演も行ってたのになー。
私はBECKのお嫁さんになる!と思ってたんだけどなー。

フジロックは、東京青海でやったときしか行かなかったひ弱もの
なんだけど(でも泥まみれになりながら2日間行ったよ!)
今年はどっか野外のライブ行きたいなー。行こうかなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

挑発∞

Mugendai

作業中、睡魔におそわれて、ガクッと舟こいでしまったら、、
なにかへんなショートカットを押しちゃったみたい。

そしたら、、

ちょうちょ ちょうちょ

なんと、突如、ピンクの ∞(無限大)が出現した!!!

えっと、なにこれ? はじめて見ましたが、、
なにを押すとこんなことになるのーーーー?
そして、、消えてくれないんですけどーーーー。

だみだこりゃ。
目の前に∞が、ひらひらしてしまったので、
ちょっと寝てからまた作業再開します。
ごめんなさい。

もう二度とお目にかかれないんじゃないかってくらい
あまりに奇妙な画面だったので、キャプチャーしてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.15

『アロハ萌え』記念日

070315_alohamoe1070315_alohamoe2


うわあーー。わたしまで緊張する。
ついにこの日がきました。
いくよちゃんの『アロハ萌え』の発売日。。。

ハワイ情報アロハストリートにて「アロハ萌え」のコラムを書いている、小説家の橋口いくよちゃんの書き下ろしエッセイ集『アロハ萌え』の表紙と口絵のお仕事をしました。私にとっては珍しい仕事でした。

最初は、ハワイの青い空の写真1枚に、タイトルを小さく入れて、表紙自体はシンプルにして、帯を派手にピンク地に写真を何枚もいれて、キラキラ*をいれてました。

そうすると・・・編集のMさんがお電話をすぐにくださって、「もっともっと思いっきりはじけちゃってください!パリス・ヒルトンのように!」と、おっしゃいました。

・・・パリス・ヒルトン!!?

わ、わたしの中に<パリス>は存在するの??と心配になりましたが、以前、会社時代の音楽の仕事で「うぉ〜〜」とバンダナを頭にまきこぶしを挙げて歌う方のwebを担当した時に自分の中の<男>をさがしだし、男くさいデザインをした貴重な?経験がよぎり、、だいじょうぶ、私の中にも少なからずどこかにパリスがいるはず!と根拠の無い自信を持つように暗示をかけました(笑)。

あ、でも同時に「帯の感じで」とも言ってくださったので安心してその方向でいくことになりました。しかし、その後、完成まで、装丁仕事に慣れてない上に、セレブ度ゼロ、色気ゼロ、化粧っ気ゼロの私を幾度となく優しくパリス方向に導いてくださったのは編集のMさん。。ただただ感謝感謝でございます。。

+ + +

いくよちゃんは、ものすごくかわいいのです。ピンクなんです。キラキラなんです。そんでもって、変態なんです。(←もちろん、いい意味で!)
そのいくよちゃんの雰囲気を壊してはならぬ!必ずやアロハ萌えな表紙にしなくては!というプレッシャーはありつつもここは、ハワイ、、ここは、ハワイ、、とつぶやきながらの『アロハ萌え』仕事は幸せでした。

そしてそして、なによりうれしかったのは、いくよちゃんが、表紙の左上のヤシの木に気付いて笑ってくれたコト。ラフを見せて、何もこちらからは伝えてないのに「なになに、あのお土産のキーホルダーみたいなヤシの木〜〜!」って。

そう、ハワイは、ザ・お土産的なモノがワンサカとあります。
ハワイにいくと、そういうどーしようも無いモノ、絶対にいらないモノがものすごーーーーく愛おしく思えたりするのです(笑)。

そんなモノ達への気持ちがさりげなくこもっていたので、伝わって、そして笑ってくれてすごくうれしかったのです(笑)。
いやーしかし、装丁に不慣れな私にやってほしいって言ってくれたいくよちゃんありがとう♪いくよちゃんのお仕事が手伝えてうれしかったです♪

+ + +

ハワイ好きな方、そして、どちらかというとロハスーな方というよりも、、ハワイのお土産屋さんに行くとステッカーとか買っちゃったり、これ、どこで着るんだろう、、と思うTシャツを買っちゃったり、スパムス大好き!モールのフードコート大好き!だったり、日本にいても、ふっとした風や空や匂いにハワイを思い出して異常に興奮しちゃうという方は、必ずチェックしてくださいね♪

++++++++++++++++++++++++++++++++++

Ikuyo_books09b

エッセイ集『アロハ萌え』KAWAII HAWAII /橋口いくよ著
講談社文庫/2007年3月15日発売/¥ 540 (税込)

<出版社レビューより>
ハワイ旅行の楽しさ194%アップ(当社比)。
ミーハー上等!!!!!!!!
ミーハー女子のためのハワイ読本

ハワイが好き。オアフが好き。ワイキキが好き。
早起きして、散歩するのが好き。ラナイが好き。
ビーチが好き。アラモアナセンターが好き。
ホイップクリームたっぷりのパンケーキが大好き!
だから日本に帰っても、小さなハワイを見つけては「アロハ萌え」。
気分があがるLOVEハワイエッセイ! 文庫書下ろし。

++++++++++++++++++++++++++++++++++


*関連リンク

>>講談社のページ

>>amazonのページ

>>橋口いくよちゃん公式サイト +++ SEEDS OF LOVE +++
↑webもデザインしました!

>>「アロハ萌え」期間限定ブログ「橋口いくよはパリスヒルトンと同じ誕生日」
↑すごいタイトル(笑)。いくよちゃんにしかつけられません。

>>アロハストリート「アロハ萌え」 
↑毎回、ものすごいアロハ萌えっぷり!はじけっぷりが最高です!

>>「アロハ萌え」インタビュー
↑夢の競演?!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.10

くらしのスリッパ スタート!

070309_s1070309_s3070309_s2

◎くらしのスリッパ
http://slippers.cocolog-nifty.com/blog/

「pochi + slippers」
http://slippers.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/pochi.html

くらしのスリッパ はじまりました。
左の写真は、裏側のスベリ止めをつける作業をしていた時の写真です。
これが、固まると透明になります。
てぬぐいにつづいてスリッパでもまた
てんてん作業いっぱいしました。

展示会初日にとてもうれしいことがありました。
私のスリッパを試し履きしてくださった方が
「幸せな気持ちになりました!」って言ってくださったのです。。
小躍りしたいくらいうれしい言葉でした。

=================================
くらしのスリッパ
日本の道具展5
3/9(金) → 4/1(日) ※3/29(木)のみ、休

【場所】
HOUSE STYLING 吉祥寺
東京都武蔵野市吉祥寺本町1−13−11吉祥寺大林ビル1・2階
tel: 0422−23−2291
営業時間 11時〜20時
http://www.house-styling.com


日本ならではの室内の生活道具、「スリッパ」。
13組の作り手による個性的で魅力的な
スリッパの提案です。

【作り手】
磯野 梨影(プロダクトデザイナー)
大治 将典(プロダクトデザイナー)
片瀬 一郎(建築家)
齋藤 義幸(革製品デザイナー)
寺田 尚樹(建築家)
9brand(デザイナー)
のぐちようこ(デザイナー)
廣田 尚子(プロダクトデザイナー)
増満 兼太郎 (造形作家)
村上 雄一郎(革製品デザイナー)
moviti.com(プロダクトデザイナー)
山崎 宏(プロダクトデザイナー)
RARI YOSHIO(デザイナー)

【ディレクション】
ヤマサキデザインワークス 山崎 宏
【会場構成】
片瀬 一郎
【グラフィックデザイン】
大治 将典
【ウェブデザイン】
のぐちようこ
=================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.08

チェリーボンボン

070224_cherry

チェリーボンボン。

最近、お酒好きの方にちょこっとお土産を持っていきたい
ときに、気に入って買っているしろもの。
駅前の小さなケーキ屋さんpetit osawaのお菓子。
(どうやら、吉祥寺の古いケーキ屋さんの息子さんがオープン
したお店らしいので、今度吉祥寺の方にも行ってみたい。)

ほんとの名前は違うけど
私の中ではチェリーボンボンというお菓子。
お店のおくさま曰く、梅酒のように、さくらんぼを
とーーーっても高級なさくらんぼのお酒を贅沢に使って
数ヶ月浸してから作るのだとか。

そのおくさまはお酒がまったくダメらしく
「ほんとうにコレでだいじょうぶですか?」と
何度も聞くんです。お店の人なのになんだか可笑しい。

じゃあ、一個ためしてからにしますね、と、
その場で1つ頂きました。
ぱくっと口にいれてかじると、
さくらんぼのお酒が口の中に、ぷはーっとひろがって
これがとっても美味しいーーーーー!
たしかに、お酒弱い人は、酔っぱらっちゃいそうでした(笑)。

しばらく<ちょこっと手土産にチェリーボンボン>の
ブームが続きそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.07

素敵なアレ

0702_sajiya10702_sajiya20702_sajiya3

てぬぐいの展示の期間中に国立の匙屋さんへ行ってみました。

店主のさかいさんのうるしのおさじや
クラフトの作家さんの小さな作品が
てんてんとほどよく並んでいて
空間まるごとすてきでした。

お茶と甘納豆をいただき
しばし、ほけ〜っと脱力させて頂きました。

この壁にかかっている様子がたまりませんでした。
一目みるなり、キッシュやケーキをとりわけたい!
って思ってしまったので、アレを買いました。
アレっていうのは、アレです。
名前なんでしょう?ケーキとかとる
ひらたくてさきっちょのとがったアレです。

マスミツさんとの共同制作という机も素敵でした。
小さな引き出しの取手のところがそろばんでした。

一緒にいったオオノさんと可愛いねえ〜〜と
眺めていた照明のまわりの◎○◎○。
おくさまが水引でつくられたのだとか。
窓の近くにはモビールになった◎○◎○も
ゆらゆらしていました。

またのんびりとふらっと寄りたくなるお店でした。

*写真はどこを撮っても絵になります。。
 撮っても平気ですか?とお聞きしたら、
 うちは何も秘密はありませんから、どうぞ〜と
 笑顔で言ってくださいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.06

わっしょい わっしょい

070227_1070227_2070227_3

一週間前のことですが、友達の赤ちゃんに会いに行ってきました。

おうちのなかは
ゆったり、やわらかい気が充満してました。

うまれてから一ヶ月と一週間。
ちっちゃい手。ちっちゃい足。

おかあさんとおとうさんがつけてくれた
すてきな名前のとおり
気もちの大きなやさしい子になってね。


おかあさんは、
「わっしょい わっしょい」ってあやしてました。
なんだかいままで聞いた彼女の声の中で
いちばんやさしい声でした。

「わっしょい わっしょい」って
なんか楽しくていいね。


+ + +


うるしのおさじとてぬぐいをお祝いにと、決めていました。

数ヶ月前に、作者のタミさんにおさじをお借りして
いろいろ食べてみたりして、つるっとした木地呂塗にしました。
とても感触が気持ちいい。

おかあさんも、とても持ちやすい!と喜んでくれました。

まだまだ、二、三時間おきにおっぱい〜おっぱい〜と
泣いているけれど、離乳食の時期になったら、
おさじでいっぱいたべて大きくなってね。

てぬぐいは、もっともっと大きくなったら
おかあさんにおはなししてもらって
楽しくつかってね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.05

おはなしてぬぐい「てんてんゆき」

Tentenyuki_obiTentenyuki_obi2

てんてんゆき ふってきた
たかい たかい おそらから

てんてんゆき ふってきた
ちょっと こえだで ひとやすみ

てんてんゆき ふってきた
しろい のはらに さあついた

あれれ うさぎに はやがわり
ぴょんぴょん とおくへ はねてった

+ + +

おはなしてぬぐい「てんてんゆき」
さく・え のぐちようこ
¥1260(税込)
色:青緑
  藤(無くなり次第生産終了)

◎ご注意:本製品は、本染めの為、使いはじめは、
 かなり色落ちいたしますので、他のものと分けて、お洗いください。
 また、洗濯の際は、手洗いすることをお勧めいたします。
 ※注染の技法で仕上げたのちに、1枚づつ、朱色の点々をさしています。

↓ひろげるとこのような絵柄になっております↓

Tentenyuki_tenuguiTentenyuki_tenugui2

+ + +

Yohappy_tentenyuki

てんてんゆき のショートアニメーション
よかったら、どうぞご覧くださいませ。

+ + +

*お取り扱い店舗一覧はコチラ
http://yo-happy.air-nifty.com/blog/shop.html

+ + +

*コチラの商品へのお問い合わせはコチラ
mail@yo-happy.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.03.03

てぬぐいろいろ<つづく>

てぬぐいろいろ展は、
おかげさまで大好評のうちに終了いたしました。
遠く国立まで足をお運び頂きましたみなさま、
本当にありがとうございました。

引き続き、板橋の雑貨セレクトショップmederuさんにて
ミニ巡回展として、3/3(土)〜4/1(日)の間、
お取り扱いいただくことになりました。


雑貨セレクトショップmederu
営業時間 平日11〜19時、水曜定休日
都営三田線 板橋区役所前駅 より徒歩5分


引き続き、初夏あたりに
金沢での巡回展も予定しております。
詳細は、4月末頃決定の予定。
古都金沢にてぬぐいをはたはたさせてきたいと思いますー。
たのしみですー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »