« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006.10.29

国立青空文化祭

061028_k1061028_k2061028_k3
061028_k4061028_k5061028_k6

国立のつくし文具店主催の国立青空文化祭に参加しました。

たまたま2日続けて睡眠時間1時間以下という過酷な状態であったこともあり、さらに祭り好きの血が騒ぎ、いつも以上にハイでした。そして、、その疲れが今日にどどっときているため、文章長文です。。要約できず、、すみません。。。

+ + +

国立団地の方が管理しているという「水源地」という住宅街の空き地が会場。設営中、近所のおじいさんが様子を見にいらして、「ここでこういうのやるの初めてだから、心配でみにきた。」とおっしゃっていました。普段地域の方々が会議をしたりしているそう。井戸が残っていたり、奥にひょうたんが並んでいたり、大きな虫だらけだったり、ほのぼの空間でした。

つくし文具店の店主のはぎわらしゅうさん以外みなさんはじめましてだったのですが、設営が思いがけず早くに終わったので、しゅうさん先導で国立の中の珍しい建築物ツアー&神社へ文化祭成功祈願にてくてく出かけて、その道すがら自己紹介などをして仲良くなっていただきました♪(そのほとんどの方が普段つくし文具の日直(お店番)をされている方々。)

はじめましてのデザイナーさんや作家さんと一緒に展示させていただくと、今まで存じてなかった作家さんや作品を知る事ができてとても楽しいし、こういう一期一会はホントにうれしいですね。

私のお隣は、8plusというレーベルを主宰されている芳賀八恵さんでした。いろんな方からお名前は伺っていて、お1人で絵本を出されたり、編集をされて雑誌や本を出されていて、すごいなあーと思っておりました。実はここ最近、自費出版の見積もりをとってみて、あまりの高さにノックアウトされたことがあり、、、そのあたりのお話も伺ってみたりしました。

そのお隣は、大内明日香さんという編集をされていらっしゃる方。とても個性的な方とお見受けしました!たくさんお話できたらきっと面白いお話を伺えたかも。

そのお隣は、大治将典さん。大治さんは以前からよーーく存じておりますが(笑)。掃印のまえかけが男前度アップでかっこよくばっちりお似合いでした♪

そのお隣は、内田ともみさん。造園などの植物を扱うお仕事と布小物の作家活動をされている方でした。園芸話に花を咲かせました!そして、出展されていた苔玉をひとつ購入しました!苔玉って霧吹きでしゅっしゅするのかと思ったら、時々、水に入浴させる、とおっしゃったので、苔玉の入浴シーンを妄想して、やってみたいと思って買ってみました。

私のいた列で板にのせて出展している方は以上。

私の反対の隣側には佐藤さんという家具作家さんが展示していました。コックの塩入れの仕上げにまだまだ課題の残る私は、どうしたらもっとよくなるんだろう、、と大治さんに言ったら、さとうさんに聞いてみよう!と話してくださって、いい仕上げ方法を教えていただきました。感激!

お向かいの列の出展者の方々は、入り口側からいうと、
まず、swichさん。つくし文具店のガチャガチャのハンカチ定規などを作られた方々でした。まだお若くてかわいらしいお二人でした。

そのお隣の星野恵美子さんは、布のバッグ等の作家さん。ご夫婦で出展されていました。布に施されている絵柄はプリントかと思ったら、染色と聞いてびっくりしました。

そのお隣のヤマダマリコさんも染色で独特なイラストを描かれて豆本などを作られている作家さん。
このお二人がこういう場で染色が2人いるっていうのは珍しいんですっておっしゃってて、そういうのって染色をやってる人同士じゃないと感じないことだから、面白いなーと思いました。(例えば、同じ誕生日の人達は、同じくその日生まれの有名芸能人を知っている、とかそういうのに似てる、、って違うかな(笑)。)

そのお隣は、TE TO TEという布や皮のクラフト作家さんのご夫婦。何段も重ねられる布でできた筒を出展されていて、帰りに車で駅までのせてくださったのですが、その時に作り方などの質問をすると「紙管が入ってます。紙管にさまざまな布を巻いた上で、ぴったりとはまる技術は、うちはどこにも負けません!」っておっしゃっていたのが、おおー!いいねー!って思いました。自信をもって自分達のプロダクツをお届けするってステキなことです!

そのお隣で私のお向かいにいらっしゃった方は、陶芸家のあらいみわさん。作り出されるモノ達って作者を表していると思うのですが、とても明るい方でそのおおらかな感じが器にも現れているように感じました。私のひげ+コック帽もポーズもばっちりでつけてくださいました♪

そして、美味しいカレーやチャイなどのカフェを出されていたのがお近くにお住まいでつくし文具店で日直もされている、永島宏子さん。今回の文化祭はこの方がとっても頑張って準備をされていたようです。ポスティングなどもされたみたいで、、すばらしい!

つくし文具店で同時開催されているのは、ドリルデザインさんのドリル店。こちらは年内展示されているそうです。
大活躍のドリルさんのプロダクツが一同にそろっていて見応えありますー。私もいくつか欲しくなりました。とくに園芸モノが、、ぐっときます。また、あらためて、つくし文具店にお邪魔しようと思います。

しゅうさんとつくし文具店日直のみなさんが頑張って準備された「国立青空文化祭」。本当に大盛況で、ご近所のみなさんもたくさん協力されていて、地元の新しいお祭りになっちゃうくらい大成功だったのではないでしょうかー♪

<つくしのおばちゃん>こと、しゅうさんのお母様もパワフルでかわいらしいステキな方でした。お母様がやっておられた頃のつくし文具店にもおじゃましてみたかったーー!


ということで、これは題して<オトナ篇>。
実は<コドモ篇>もあるのです。
書きとめておきたい!ってことがいっぱいあるってことは
私自身、相当楽しかったってことですね(笑)。

続きを読む "国立青空文化祭"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.10.27

そ、そのペン!

用事を思い出して某デパートへ。
結構な額になってしまった為、すすめられるがままにそこの優待カードを作りました。(いつも更新しわすれて期限が切れます。。)

そしたら、、そこにうれしい偶然が待っておりました!
対応してくれたカウンターの若いお姉さんが、おもむろにポケットから出したペンに見覚えが!! それはまさしく数年前に会社で担当した商品!

思わず「そ、そのペン!」って口をついて出てしまいました。
するとお姉さんは「高校生の時に買ったんです!大好きでずっと使ってるんですー!」って。
「実はその商品を担当したんです!」って伝えて、お礼を言いました。
クリップのところが折れても大事に使ってくれていて、本当にうれしかったです。

最後に、カードを受け取って席を立つ時に「このペン、これからも大事に使いますね!」って、笑顔で言ってくれました。 私も今日作ったカードは、期限切らさないようにしますー!(せめてものお礼ですー(笑))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いい顔+1〜にっこりシャーベット〜

061027_f

デザートのシャーベットのミントの葉っぱをどけたら、
久々に顔発見。にっこり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝新生活

061027_d

元ボスに豪華おフランス料理のランチを
ごちそうになりました。メインは、ゆうこさんの退職祝い。
私が退職した時にも当時、乃木坂にあった同じレストランで
お祝いして頂きました。
(ちなみにお店は移転して赤坂へ。)

秋鯖のタルトなる珍しいオードブルに感動。
メインもデザートも本当に美味しくて幸せでございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

8時に寝て9時に起きて10時に家を出て11時の打ち合わせにきたけどあれれ先方がお二人ともいない。どしたのかな。でもずーっと前から約束していた12時からの豪華ランチに遅刻しないので◎。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.25

のほほんと

気持ちいいお天気。深呼吸日和。

昨日は「はじめまして」の方と1時間半お話をしました。
私の進む道のはるかはるか先を歩いてらっしゃる方。理想を持ってそして何よりもそれを楽しんで実現させているデザインの大御所の方。この方すごいーって思うより、この方すきーって思っちゃう人間的魅力の溢れたステキなおひげな方でした。あまりにその時間が楽しすぎて、鼻息荒くすぐさま紹介してくれた方に電話して「うわーん、楽しかったーー」と報告。帰り道、伺ったお話を思い出していると笑いがとまらず、そして反芻しすぎて感極まってぐぐっときてしまい、ひとり笑いながら泣く怪しい人になってしまいました。

名刺をお渡しすると「そうですかー、あのポップコーンの方はあなたでしたかー。」って。以前なんの拍子にかわからないけど、私のwebをみたことがあったとおっしゃってくださって、会社で急にポップコーンの音がでて、まわりから「何の音ですか?って聞かれたよ。」と笑っておられたのです。そのことがうれしくて、だんなさんにもメールしたら「いい大御所だね。のほほんとホームページ作っててよかったね。」って、、(笑)。ほんとほんと、のほほんと作っててよかった。

それと、鼻膨らまして「がんばります!」って言ったら「がんばらなくていいですよ。がんばりすぎると○○○なモノができちゃうから。」っとも言われました。(※○○○ってとこの言葉が何だったかな、、、でもその意図は伝わっています、、、)

なので、これからものほほんっとやっていこうと思いました。
まあ、ばったばた、あわあわ、おりゃあ〜って感じの火事場の馬鹿力のぺースもどうしたってなおらないと思うので、、それらもひっくるめて楽しくやっていければいいなーと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.24

ぷぅ・あ・ぷぅ

8歳ぶり?27年ぶり?
はっきりはわからないけれど、それくらいぶりのうれしい再会を果たしてきました。

母同士が友人で、1歳違いの彼女と私。お互い転勤先の金沢で生まれ、関東に戻ってきた家族。小さい頃に、彼女の千葉の家とうちの川崎の家をお互い1回づつくらい遊びに行ったような記憶がおぼろげにあるくらい。でも、ずっと会っていないのだけど、彼女が音大へ行き、卒業後、ヴァイオリン奏者になって活動していること、結婚したこと、とかとか、母を通じて近況を知っていました。

会うきっかけになったのは、彼女が、数日前に家族みんなで母の絵本の樹美術館の展示を見に行ってくれたことをメールで知らせてくれたのです。母達を介さずに直接やりとりするのはお互い初めて。それだけでも私はうれしかったのだけど、それ以上に「何か一緒にできたらいいね!」という提案。「いいね!いいね!」とすぐに会う約束をして、いっぱい話してきました。

彼女は、千葉でヴァイオリンの教室と<ぷぅ・あ・ぷぅ コンサート>という、あかちゃんと子ども(特に未就学児)、家族みんなで聴けるクラシックコンサートを企画をしています。
今週の土曜日にもあるそうです。千葉近郊の方はぜひぜひ♪
*詳しくはコチラ

<ぷぅ・あ・ぷぅ>というのは、フランス語で「少しずつ」という意味なんだそうです。あかちゃんの時から少しずつ「良い音」「良い音楽」「生演奏を聴く機会を作りたい!」という願いが込められているそうです。かわいい響きで親しみやすくていい名前ですね。

彼女は3歳の娘さんがいるお母さん。自分がこどもを連れて見に行ける音楽会が少ない事、そしてあったとしても東京都内だったりして、連れて行くのが困難だった事、の実体験から、自分の住む千葉で小さい子が楽しめるコンサートを企画しようと思い立ったのだそうです。
それまでも奏者として演奏活動をしていたのですが、このコンサートに関しては、企画運営に徹しているそうで、その試行錯誤しながら、やりたいことを実現させていっている熱意はスゴイナーと感心しっぱなしでした。

それぞれ違うものに興味を持ち、まったく別世界の道を進んできたのに、ここにきて何かリンクできそうということが面白いです。大人になるってのも楽しいコトですねー。
来年か、さ来年か、ゆっくり<ぷぅ・あ・ぷぅ(=少しずつ)>膨らまして一緒に楽しいコトをしてみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.20

「デザインのじかん」のお手伝い

061014_c1061014_c2061014_c3

書こう書こうと思っていたら1週間たってしまいました。

+ + +

先週の土曜日<コド・モノ・コト>の
新しいワークショップのお手伝いに行ってきました。
黒子で写真係。パシパシと。

『 デザインのじかん 〜 いろ・かたち・そざい 〜 』
というテーマで6回のワークショップ。

今回は小学校二年生が対象。会場は横浜。
どんなワークショップなんだろう?!と
興味を持ってくださった方はこちらをご覧ください。

◎ワークショップの概要はコチラ/第一回目レポートはコチラ

+ + +

私は当日は、ワークショップの進行は
ざくっとは知ってたのですが、詳しくはしらないので、
黒子のくせについついこどもたちと同じように
へー!とかほー!とか驚いたり、葉っぱとったりして、
一緒に楽しんでしまいました。

第一回目は「いろ」。<みどり>がテーマでした。
お庭や近くの雑木林でたくさん葉っぱをとりました。
緑色は何色と何色を混ぜたらできるかな?という質問に
「青と黄色」が2人。「赤と黄色」が2人いました。
そうかー。これから知る子もいるんだな、とちょっと衝撃。
でもその2人が、絵具と絵具をまぜあわせ、ほらねって
すぐに知るよりも、このワークショップで、ゆっくりじんわり
<みどり>を楽しみながらそのことがわかるということが
いいなあと思いました。

絵の教室でもないし、勉強でもない
こどもが「デザイン」の入り口を体験するという
ワークショップ。面白いです。
主催のマスダタミさんとMさんのやさしいおだやかな進行が
またまたひきこまれます。
私も小2になってまじりたい!

+ + +

そして、第一回目を終えて私が学んだ事!

こどもは一眼で撮るべし!

普通のデジカメだと、結構寄らないといけないのですよね。
ワークショップの進行を妨げたくないし、
こどもたちも近くに寄ると意識してしまうこともあるし。

参加してるHちゃんのパパさんが、一眼でかなりこどもと距離をとりつつ、
すごく寄りの自然ないい顔を撮られてて勉強になりました!

そして、Hちゃんママさん曰く「野生動物だからね。」って(笑)。
ものすごーーーく納得!
気づかれないようにそーーーっと撮るには一眼ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.18

● ●

061017_a061017_b061017_a

飾るためのじゃない、多分食べたら美味しい南瓜。
お隣さんにいただきました。
脱デザイナー?されて農業をしているという
お知り合いの方から送られてきた野菜をおすそわけって。

朱色の実は花屋さんでローズヒップって
たしか書いてありました。
こんなかわいい朱色の実がなるならば育ててみたい。

どちらも偶然同じ日に揃ったので
ハロウィンまで窓はこんな感じにしておこうと思って。

でも、南瓜、見る度に、かわいいなあ。美味しそうだなあ。
と、複雑。 ハロウィン終わるまでおあずけです。

写真撮ってたら、
白いのに  ● ●  をつけたくなって貼ってみました。
深夜の1人遊び。。どろん。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はかどる法則

最近、机のまわりを片付けたり
キッチンの棚を片付けたり
台所の流しの下を片付けたり
いくつか気になっていた所を片付けてたからか
今日は、仕事がむちゃくちゃはかどりました。

やっつけなくてはと思っていた仕事が片付いて
しばらくとまっていた仕事が流れ始め
送らなくちゃって思っていたモノを送る事ができて
あーあのことを伝えなくちゃってことが伝えられて
新しい依頼もあったりして

身の回りが片付けたら、風通しがよくなって
いい気が流れてはかどるのでしょうね。

あそことあそことあそことあそこ、片付けたら、、
たいへーんってくらい、仕事きちゃってうほうほかしら。。。
なんて、アホな妄想はさておき、少しづつ片付けようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.17

国立青空文化祭2006 -幸せなデザインを見つけよう!-

ひょんなことから、文化祭に参加することになりました。
詳しい内容をつくし文具店の店主Sさんより頂きました。
なんだか楽しそうですね。お天気だといいですね。

+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +

国立青空文化祭2006
幸せなデザインを見つけよう! 

住宅街の空地『水源地』を利用した1日だけの暮らしの文化祭。
約10組のクラフト作家やデザイナーによる、家具や食器、文具などの暮らしの道具の展示販売の他、ワークショップ、井戸端会議、近隣ツアー、カフェなどを予定しています。近隣の住民をはじめ、暮らしのデザインに興味のある人に気軽に参加いただけると幸いです。

◎日時 2006年10月28日(土)  
    12時〜17時
    雨天の場合は、29日に順延

◎会場 水源地
    国分寺市西町2-21-2
    (つくし文具店の3軒ほど隣りの空地)

◎主催 国立青空文化祭2006実行委員会
◎協力 国立団地協議会
◎企画運営 つくし文具店
◎会場・グラフィックデザイン ドリルデザイン

◎出展予定 芳賀八恵・星野恵美子・あらいみわ
      ヤマダマリコ・大内明日香・内田ともみ
      大治将典・のぐちようこ・TE TO TE・switch  
      ほか

◎同時開催 ドリルデザインの『ドリル店』
      会場:つくし文具店  
    
*水源地って何?
水源地は、国立駅の北約1キロにある「国立団地」の共有地。約45年前に東京都により開発された分譲住宅地は、当初は上水道が完備されてなく、この土地にタンクをつくり、各戸に水を供給していました。その後、上水道が完備され、不要になったこの土地は、団地の住民により管理され、約10年前には、もともとあった井戸を使えるようにしたり、防災倉庫を備える他、各種のイベントやフリーマーケットなどに利用されています。

*詳細は「つくし文具店」お楽しみ会のページをご覧ください。

+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + + +

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.15

したきりすずめのお宿はど〜こ?@絵本の樹美術館

154713088_212154713088_131154713088_59


 最後の〜 最後の〜 お願いにまいりました〜
 したきりすずめ〜 したきりすずめ〜
 どうぞよろしくおねがいいたしまあ〜すっ


と、選挙カー並みのやかましいお知らせ日記です!

+ + +

美しい八ヶ岳山麓に囲まれた、甲斐大泉の絵本の樹美術館にて、
母、野口光世の展示がいよいよ残すところ約1ヶ月となりました。

◎オススメポイント

・すずめ、お爺さん、お婆さんは、もちろんのこと、
 牛飼いになることもできます♪

・すずめのお宿で鯛の尾頭付きで飲めや唄えや宴会も可能です♪

・お土産に大きい葛篭か小さい葛篭かお選び頂けます♪
(って、本当にはお持ち帰りはできませんが、、)

秋の行楽とあわせて、ぜひぜひ遊びにいらしてください♪
※参考オススメコースはコチラ

===================================

"したきりすずめ"のお宿はど〜こ?
案・制作:野口光世
<子どもも大人もお話の世界に入って楽しむ参加型シリーズ>

◎会期
2006年6月17日〜11月26日

◎会場
絵本の樹美術館
山梨県北杜市大泉町西井出字石堂8240-4579
TEL・FAX 0551-38-0918
http://www.cam.hi-ho.ne.jp/g-mama/

◎開館時間
AM10:00〜PM5:00

◎休館日
火曜、水曜、木曜 ※祭日は無休

◎料金
大人 700円 3才〜中学生 300円
団体(10名以上): 大人 650円 3才〜中学生 250円
・特別企画は別料金
・ミュージアムショップのみのご利用は無料

◎アクセス
・JR中央本線「小淵沢」乗換、
 小海線「甲斐大泉」駅下車、南へ徒歩7分
・JR中央本線「小淵沢」駅から車で25分
・JR中央本線「長坂」駅から車で25分
・小海線「清里」駅から車で20分
・中央高速長坂インターから車で20分
(駐車スペースあります)

===================================

*写真は、搬入の時のもの。
 脚立にのってるのは、上の写真が72の母、下の写真が61の伯母。
 私の何倍も元気な方々です(笑)。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.06

鶴の鋏+お月見羊羹

061006_1061006_2061006_3

以前、このはさみのことを知って、
いいなあ欲しいなあと思っていたのですが、
ドイツ製でものすごく高いという情報もあったので、
なかなかたやすく買えないんだろうなーーと思っていました。

それが、夏に「旅の道具展」を見に行った時に
展示されてい作業道具の中に、このはさみがあったのです。

「わーーーこれ実物見てみたかったんですー!」と
興奮する私に、さらりと一言。
「それ、○○(某有名手芸店)でも売ってるみたいですよ。」って(笑)。
いつかドイツに行ったら買いたいなあーと
夢が膨らんでいたのですが、なんとまあ、びっくり。
パスネットで買いに行けちゃうとは!

で、今日。
材料アレコレ買いに行ったついでに
鶴の鋏、買いました。やったー。

+ + +

今日はお月見の日。
雨がものすごいからお月さんはおがめませんが、
京都で買った山月という羊羹を一切れ。
まんまるお月さん、かわいいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.05

ぬけた ほぐれた ほっとひと安心

061004_c1061004_g1

昨日はたくさん話して、たくさん考えて、たくさん手を動かしたから、頭の中の配線が一気につながって、いっぱい「!」がとびだしました。

+ + +

自転車で、昨日はうちから北方面へ記録更新。道はまっすぐ、たぶん30分以内にはいけるはず、と思って向かったのは、コド・モノ・コトのアトリエ。新しいワークショップの準備のお手伝い。マスダタミさんがこーしようかな、あーしようかな、と一生懸命こどもたちのことを考えている、いい「気」が、このアトリエ(写真)につまってて、私も楽しく頭をグニャグニャさせながら打合せできました。だれかとアイデアをキャッチボールしてる時のあのワクワク感は1人でうーんうーんと考えているよりもっと大きく広がっていく気がします。そしてモノづくりはやっぱりワクワクした分だけいいモノになるような気がします。新しいワークショップ楽しみです。

+ + +

またまたえっさほいさ自転車こいで、自分の駅に戻って、今度は母と12月に予定している「おもちゃてん2」の打合せ。飾るもの、販売するもの、会場構成案などなど、ここ最近、あーそろそろ決めなくちゃと思っていたことが、いっぱい決める事ができました。6月には予約していたんだけど、やはりおしりに火がつかないと進まないのよねん。

真ん中の写真はちょこっと予告編。クッキーとビスケットをいっぱい作っています。ジンジャーマンもあともうすこしかわいくなおそうとおもっています。(ちくちくは、もちろん母。わたしはこーしよーあーしよーって言ったり描いたりしてるだけです(笑))

12/14〜19(時間はまだ未定、多分11時−19時。)
前回と同じ西荻窪のGallery MADOでします。

またまたこどもたちのいい顔がいっぱい見れる気がしてワクワクしてきました。おとなのみなさんもたくさんいい顔しにきてくださーい。

+ + +

さらに夜家に帰ってからも、○○ッ○の案も試作の型紙を作ったりして、イメージを立体にできて、二歩も三歩も進めることができました。

進まないときは、どれもこれももんもんとこんがらがったりするけど、不思議なことに一つひもがほぐれると他のことも、考え過ぎてた力みがぬけて、ぱらぱらーっとほぐれていきます。

いろいろ進んでほっと一安心の一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.04

カボチャの季節

Hw3 Hw2 Hw1

ことしもまたこの季節がやってきました。
ことしは、どこまでもカボチャって感じにしてみました。
おヒマな時にポチッとしてみてください。

www.yo-happy.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.10.01

ご当地ミルクパッケージ

061001_pac2061001_pac3061001_pac1

・ゲンキミルク
沖縄の石垣島のスーパーで見た、「ゲンキクール」「ゲンキ牛乳」。元気にかけっこポーズのゲンキくんがかわいい。今、ちょろちょろ調べてみたら、瓶もあるみたいなので、今度沖縄行ったら是非飲みたい。本島のレコードショップには、CDまで売っていました。人気者なのね。

+ + +

・ヒラヤミルク
京都でたまたま通りがかった牛乳屋さん(でも後ろには、便箋などを売っている不思議な空間。。)にかわいい牛乳を発見。京都の丹後市のメーカーの乳製品。シンプルな牛の顔がいい。そして、種類で色替えのデザインがまたいいなあ。外国のスーパーで心が踊るのは、こんな感じで、無調整/低脂肪/無脂肪/とかが、同じデザインで色違いで並んでいるから、とてもキレイで楽しいんだけど、日本のは結構同じメーカーでもバラバラで揃っていないのが不満。でも、ここのは、揃ってて楽しい。絵柄がとなりと繋がるのがいいねえ。
ちなみに、前にみつけたコチラの牛乳とかなりいい勝負です。

+ + +

乳製品じゃないけど、沖縄で心躍ったゆるいパッケージ達。

・オキコラーメン
小ちゃいパッケージの、ラーメンどんぶりのところが透明になってて、麺がみえているところがかわいいです。

・パーティーポップ+ファッジポップ
沖縄のブルーシールのアイス。この2つは、あんまりコンビニとかでも置いてなかったんだけど、なぜか、贈答用のセットに入っていたので、どうしても欲しくて自分ちに贈っちゃいました。

・ナットちゃん
これは、かわいーってわけじゃなくて(笑)、沖縄でも納豆は作られているんだーって、まず、そのことに感心。県産品って書いてあるし。ホテルの朝食でおいてあったのですが、このコック以外にもいろいろ絵柄がありました。色も違ってました。お味は普通に美味しかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »