« まるい虹 | トップページ | 金沢へ:17歳から17年 »

2006.09.13

カクレナイクマノミ

060906_kumanomi1_1060906_kumanomi2_1
060906_kumanomi3_1060906_kumanomi4_1
060906_kumanomi_1060906_sakana
060906_rokusen1060906_rokusen2

石垣島で海にぷかぷか浮かんだり泳いだりの日がありました。

魚は、ずーっと見ていてもあきませんでした。
少しづつ、場所を移動すると、また違う魚がいるので
なかなかやめられませんでした。

いろいろなシマシマな魚。
有名なチョウチョウウオ。
多分ふんじゃいけない長くてコワーイ魚。
ぎょっとする大きななまこ。
小さなブルーの魚達。水色の魚達。黄色い魚達。
派手なスポーツメーカーが作りそうな配色の魚もいれば
よくみると、いつでも二匹一緒の魚もいました。

ただ、残念な事に
ニモがいそうないそぎんちゃくが無く、
カクレクマノミには会えませんでした。

ですが、、
カクレナイクマノミには、最後の最後に会えました!

他の魚は、何匹かで連なっているのが多いのに、
この人(この魚)、一匹だけで、
ずーっと私のまわりにいるのです。
カメラの目の前をゆーらゆら。
時に、カメラ目線か?!と思わせる程、こちらに興味津々。

そして、すーっと足もとの方に行ったので、
私も足をちょいと動かして目の前に持っていったら、、
コンコンっとつつきました。3回も。

、、、むむむむむ、胸がきゅーーーんとしましたよ。
なんてかーいーのでしょーーーーー。

なんでしょうか。こういう場面に会うと
自分勝手にいい方に解釈してしまいますが、
絶対、あの人(あの魚)は、
私を気に入ってくれたのだと思います。
なんといわれよーと私はそう思います。はい。

ホテルに<海の仲間たち>という冊子があったので調べました。
カクレナイクマノミは<クマノミ>でした。
<カクレクマノミ>より体が黒いのですね。

それと、何回も観る事が出来た
6本のシマシマが入った魚は、<ロクセンスズメダイ>
という名前でした。

ああ、、ホントにかわいかったあーー。

*海は、米原というところの海です。
 地元のおっちゃんが3人もシュノーケルするなら
 米原がいいさーと教えてくれました。
 もちろん、他のビーチもシュノーケルに適している
 ところがあると思いますが、おっちゃん達は、
 ハブクラゲ情報というのを詳しく知っていて、
 今日だったら、米原は安全さー、
 あそことあそこの浜は今ハブクラゲが出るさーと
 とても詳しく教えてくれて、うれしくなりました。

|

« まるい虹 | トップページ | 金沢へ:17歳から17年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33230/11877883

この記事へのトラックバック一覧です: カクレナイクマノミ:

« まるい虹 | トップページ | 金沢へ:17歳から17年 »