« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006.09.30

収穫123

060929_pan060929_pasta060929_fusen

■収穫その1
ぶらり友達んち旅(兵庫・加西〜丹波〜京都)にて収穫した美味しいモノ達。

左側の2つは、友達オススメの京都の京大の近くの歴史のある喫茶店「進々堂」のパン。 人気と書いてあった小さなカレーパンとくるみのパンを買ってみました。カレーパン、揚げパンじゃないし、こじんまりしてるところがやさしく食べやすい。くるみのパンは明日のお楽しみ。

右側のは、丹波で買った焼き栗と豆パン。
焼き栗はあっと言う間にいっぱい食べてしまいそうなので、今は5粒としてみたり。(でもキッチンにいくたびに1粒食べてしまっていますが。。)
豆パンは、友達と友達のおかあさんと私と3人とも「美味しそ〜〜」と、それぞれ3個入りの袋を1つづつ買いました。(一袋をわけるんじゃなくて(笑))
<丹波の老舗 小西パン 創業明治二十六年>だそう。豆がぎっしりでパンはもっちりとやわらかくて一口食べたらじたばたする美味しさでした。
ちなみに、だんなさんが早朝に出かけていったのですが、朝起きたらこのパンの袋の破れた口だけが目にはいって、、、ガビーーーン。でも、ちゃんと残ってて、ほっ。もし、3つ全部無くなってたら間違いなく大暴れしてました。

■収穫その2
友達のお父さんが家庭菜園で育てている、ししとうをビニール袋いっぱいに頂きました。家に戻って、夜に近所の友達とごはん+SW鑑賞会をしようと集まったので、小袋にわけて持って行きました。おとなりさんにももらっていただきました。それでもまだまだいっぱいあります。
今日は、ちりめんじゃこと青ネギとししとうのパスタにしました。ししとうは1個は輪切りにしてまぜて。時々とびきり辛いのに当たることがあって、それがまたスリルがあります。

■収穫その3
風船葛の種をたくさん収穫しました。
まだたくさん、白い小花も咲いているし、緑の風船もブラブラしてるので、この先まだまだ収穫は続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.24

美味しい週末

060924_yokoo060924_yokoo2

仕事帰りのだんなさんから連絡があり、
吉祥寺で合流してごはん食べようってことになって、
つい先日、「キチモン」のオープニングパーチーのあとに
連れて行ってもらった「横尾」にまたまた行ってきました。。
丸オクラがもう1度食べたくて。。
オクラのネバネバと味噌、、中の大きなつぶつぶの触感、、
それらをさっぱりとしてくれるトマト、、絶妙。。
丸オクラは沖縄のって書いてありました。。
どっかで売ってたら買って家でも食べてみたいです。。
昨日といい今日といい、、
今週は、とっても美味しい週末でございました。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

パプリカであそぶ

060924_p1060924_p2060924_p3

朝、冷蔵庫の野菜室にいっぱいのカラフルな
パプリカをみて、絵とかの参考に
側面と上から見たのを写真におさえておこうと
思って並べてて、そのうち顔を作ってみたりして
遊んでいたのですが、
その写真を見せると「そんなことだろうと思った。」
と、さも、俺はわかってたさ、みたいな顔をされました。
行動パターンを読まれるとちょっと悔しい。
食べる為に買ってきたんだと主張したいがために、
朝昼ごはんにふんだんに使いました。

ちなみに、、顔は、いろいろ組み合わせてみた中では
三枚目が、まゆげと鼻の穴がいい具合でした。
お盆の持ち手が耳みたいで四角い顔にみえます。

060924_p4060924_p5060924_p3


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.09.23

秋晴れ!楽しい土曜日!

060923_2060923_2b060923_2c
060923_1060923_3060923_4

今朝咲いた薄紫のコスモスの花びらが、なぜか1枚だけ白!
なんか、イイコトがありそうな、、、
と思いながら出かけたら、まさにその通りの楽しい一日でした!

続きを読む "秋晴れ!楽しい土曜日!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.22

母の誕生日

060922_card060922_ohana060922_gekka2

今日は、母の72歳の誕生日。お昼に実家の方へ行って、母と伯母と父と4人でお寿司を食べました。伯母も9月生まれなので、母と伯母にはお誕生日ということで、よぼよぼの父には、遅い敬老の日ということでごちそうしました。自分が働くようになってから、こういう機会を何度持ったかはわかりませんが、大人になったなーと思う瞬間ではあります。

つい先日、実は母が過労で持病を悪化させて、寝込んでしまいました。高熱を出しながらも、月に2.3回ある、午前午後と立ちっぱなしの講座(布のえほん作りの教室)に行ってきた、なんてことを電話で話す母に、数年前だったら「無理しないでよー」くらいの軽い受け答えでしたが、さすがに72ともなると、本当に心配になります。

月末に大掛かりな講座が控えていて、その材料のセットの準備におわれているのというので、「私が手伝えるものはやるから、送って。」というと、大量の厚紙が送られてきました。教室用の型紙を切っていくのです。細かな部品がたくさんあって参加者人数分を切るので結構な作業です。

しかし、、「今日、送ったよ。」というメールが来た直後にまたメールが。。「あーーやっぱり送り返して!私やる。よーこがやったら、また腱鞘炎になっちゃうから。それ、簡単そうにみえて厚紙固いから、腕と肩とぱんぱんになるの。」だって。。
病気でふらふらだっていう母に心配させてしまう娘。。。なんだか情けなくなりました。
もちろん、送り返しはしません。腱鞘炎は治ってます。少し仕事が詰まった時は、手首を冷やしてから寝たりして、用心していますから。

老いてく親達を前にして、私はなにができるのか?
たくさん、こんなこと、あんなこと、思いつきはしますが、最低限の親孝行は、元気に健康でいること。ですね。

*初めて伯母を描いてみました。
*秋らしい花束を作ってもらいました。
*3枚目の写真は、祖母が育てていた月下美人。家に帰ったら、伯母からお礼と今晩咲きそうーと写真が送られてきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

そんな日もあります

060922_tori

昨日は、ちとトホホなことがあり、そんな時はパーッといきますかーっとBさんと近所でごはんたべて、ビールでよっぱらって、勢いで魂カラに行っちゃいますかーってことになり、自転車を不法放置して(それも、うちの駅と隣の駅のちょうど間くらいの中途半端なところに、、)、ぶーんと阿佐ヶ谷まで行って、大声出して発散して、よろよろになって家に帰りました。

そして、今日、お昼に出かけた帰りに隣駅で降りて、一晩置き去りにされたかわいそうな自転車を迎えに行き、帰ってきました。

そんな帰り道、鳥が五線譜にとまっておりましたヨ。

ソソ ミ ファミ ソミド ド ミ

高い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.21

ぱっかり園芸日記

060921_kikyo1060921_wata060921_hatsu5

*桔梗

朝起きて玄関を開けてみると、
昨日ぷっくり膨らんでいた白い桔梗は、
きれいに咲いていました。
まわりのつぼみも昨日よりぷっくり。
これからしばらく楽しませてくれそうです。

+ + +

*綿

もっと秋が深まってからだろうと思っていたら、
綿の実がひとつ、まだまだ小さいのに
ぽんっとはじけていて驚きました。
なんて気の早いこと。

って書いてから、ちょっと育て方を検索してみたら、
ここからさらに、むくむくしていくみたい!
実がどんどん大きくなって、時がきたら、
ぽんっとポップコーンみたいに
はじけるのかと思っていました!

+ + +

*初雪草

頭をたれているので、もしや!と
思ってみてみたら、種ができていました。
前に育てていた時は、
最後の方に少しだけしか収穫できなかったので
今年は、ぱっかりとはじける(というか落っこちる、かな?)
前に気づけてよかったです。


+ + +

園芸店には、もう来年の春に咲く
チューリップやムスカリの球根が並んでいました。
10月に植えるのがちょうどいいから、
並んでてもおかしくないんだけど、、
一年って、ホントあっという間ですねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.20

ぷっくり園芸日記

060920_kikyo

膨らんで膨らんでぱかっと咲く桔梗。

今年は、紫に加えて、白も育ててみました。
明日あたり、ぱかっときれいに咲いているでしょうか。
楽しみです。

でも本当は、
このぷっくりとした風船のようなつぼみの時が
1番好きなんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オトギクヅユ

060920_otogi1060920_otogi2060920_otogi3

金沢、諸江屋の「オトギクヅユ」。

8月の金沢での展示の搬入に行く前に、諸江屋の場所を確認しようとwebを見た時に見つけて、買うのを楽しみにしていた「オトギクヅユ」。しかし、残念ながら、空港のお土産やさんには置いてありませんでした。なので、9月の搬出の際、帰りの空港に向かうまで、少し時間があったので、わがままを行って諸江屋に寄ってもらいました。

諸江屋といえば「花うさぎ」。小さい頃、父や母が金沢にいた頃の知り合いの方々が「花うさぎ」をよく送ってくださいました。落雁そのものよりもその箱がお気に入りで、小さな宝物をしまって大事にしておりました。

和菓子の小箱は、とっておきの箱にしたくなるような丁寧な箱が多いですし、箱をあけて、ひもをほどいて、と、和菓子そのものを食べるまでのわくわくを小粋に演出してくれます。そしてそして「オトギクヅユ」も、その期待をうわまわるわくわくっぷりでした。

お伽話の<金太郎><カチカチ山><桃太郎><花咲きじいさん>の4つ。絵的には、桃太郎の猿と犬と、金太郎の行司の猿がいいな、と。

箱から取り出すと、キミドリ色の巾着に<オトギクヅユ>の文字が書かれた小さな紙が。よよよよくみると、、添削されてますヨ。。赤い筆で。。うーーたまりませんーー。

webでは、葛湯を<久寿湯>と書いてありました。鮨を寿司と書くように、めでたい意を漢字にこめて字を置き換えているのですね。

そして、<なつかし、なつかし・・・桜、桃、兎など昔咄しの主人公たちが現れ出てきます。>とありましたが、今日現れたのは、イヌ?かな?

やさしいおいしいとろとろに、私もそのまま午後のポカポカでとろけてしまいそーーー(になりましたが、現実にちゃんと戻ってお仕事お仕事。。)

+ + +

マスダタミさんにお借りした、うるし塗りのさじとこども椀とおぼんでいただきました。さじが2つあるのは、蒔地のと木地呂塗のと、口に入れた時の感触比べの為。さじを購入する前に使い心地を試してからどうぞっと貸してくださいました。

タミさんが「おとなが赤ちゃんの口に食べ物を運んであげる時期〜初めて自分で道具を使って食べる時期」のスプーンとして、作ったおさじ。赤ちゃんはどっちがいいかな?自分用にはどっちがいいかな?ざらざらもいいし、つるっともいい。もう少しいろいろ使って悩んでみよう〜って、なんだか楽しい悩みです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.15

金沢へ:17歳から17年

060913_1060913_2060913_3

金沢コニーズアイでのくーぐー展巡回展が、13日で終了したので撤収しに行ってきました。

撤収の他に、実は私には今年どうしてもやっておきたいことがありまして、、ちょっとお恥ずかしいかもしれませんが、題して "自分のルーツの旅<ふたたび>"でした。

ルーツの旅の第一回目は、17歳の時。父親の転勤先の金沢で生まれた私。2歳には、もう地元の川崎に戻ってきてしまったので、記憶は一切無いのだけど、高校二年の修学旅行が金沢&能登だったので、先生に許可をもらって、自由時間に、自分の生まれた家と病院を見に行ってきたのでした。

それから、17年後の今年、もう一回、金沢行きたいなー生まれたところ見に行ってみたいなーと思っていたら、金沢での巡回展が決まり、バンザーイ!バンザーイ!だったのでした。

そんなごくごく私的イベントに心優しいマスダタミさん(くーぐー展主催コド・モノ・コトの)は、おつきあいくださって、車で連れて行ってくれました。感謝感激雨霰。

母の<○が丘の○○高校のグランドの横>という曖昧な記憶だけを頼りに、ここかな〜あそこかな〜とぐるっと、その高校のまわりをまわってもらいました。

当時、小学生だった兄二人が、家の前の高校のグランドの金網の穴からよく侵入していたそうです。そしてずうずうしく柔道部にまじって稽古つけてもらっていたんだそうです。(というか優しい高校生の柔道部員が遊んでくれていたのでしょうね。)そんなエピソードを聞いた事があったので、夕暮れ時の金網を見たら、小さい兄達がうれしそうに穴をくぐる様子が目にみえたような気持ちがしました。

もう一個わがままを言って、自分の生まれた病院の前も通りすぎてもらいました。その病院は、平和町というところにありました。単純な私は、平和な町で生まれたのかーとうれしくなりました。二人で窓をあけて「平和町の空気吸っておこう!」と深呼吸してきました。

17歳から17年後のルーツの旅。ただその場所に行けた、ということが、ぽやんと幸せな気持ちになるのは、17歳も34歳も一緒でした。

+ + +

そして、展示の最終日のコニーズアイへ向かい、小沼ともやすさん(くーぐー展に参加されている)と合流。コニーズアイの小西さんに「くろ屋」という美味しいお店を教えていただき、北陸の夜を堪能しました。美味しいお刺身、梅貝、白エビの唐揚げ、加賀野菜天、などなど、思い出すだけでもよだれがでちゃいます。。とくにほくほくの赤い南瓜。。

お酒がどんどんすすんじゃって、生ビール2杯の後に、3人で5種類の日本酒をのんじゃいました。
いっぱいいっぱいいい話を聞かせてもらったのに、あー楽しかったなあーっというおおまかな記憶しか残っていません。はは。。まだまだいけるでしょ、と言われましたが、あれが限界だったようです。次の日、やや二日酔いでしたから、、(笑)。
あ、でも無事撤収はしてまいりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.13

カクレナイクマノミ

060906_kumanomi1_1060906_kumanomi2_1
060906_kumanomi3_1060906_kumanomi4_1
060906_kumanomi_1060906_sakana
060906_rokusen1060906_rokusen2

石垣島で海にぷかぷか浮かんだり泳いだりの日がありました。

魚は、ずーっと見ていてもあきませんでした。
少しづつ、場所を移動すると、また違う魚がいるので
なかなかやめられませんでした。

いろいろなシマシマな魚。
有名なチョウチョウウオ。
多分ふんじゃいけない長くてコワーイ魚。
ぎょっとする大きななまこ。
小さなブルーの魚達。水色の魚達。黄色い魚達。
派手なスポーツメーカーが作りそうな配色の魚もいれば
よくみると、いつでも二匹一緒の魚もいました。

ただ、残念な事に
ニモがいそうないそぎんちゃくが無く、
カクレクマノミには会えませんでした。

ですが、、
カクレナイクマノミには、最後の最後に会えました!

他の魚は、何匹かで連なっているのが多いのに、
この人(この魚)、一匹だけで、
ずーっと私のまわりにいるのです。
カメラの目の前をゆーらゆら。
時に、カメラ目線か?!と思わせる程、こちらに興味津々。

そして、すーっと足もとの方に行ったので、
私も足をちょいと動かして目の前に持っていったら、、
コンコンっとつつきました。3回も。

、、、むむむむむ、胸がきゅーーーんとしましたよ。
なんてかーいーのでしょーーーーー。

なんでしょうか。こういう場面に会うと
自分勝手にいい方に解釈してしまいますが、
絶対、あの人(あの魚)は、
私を気に入ってくれたのだと思います。
なんといわれよーと私はそう思います。はい。

ホテルに<海の仲間たち>という冊子があったので調べました。
カクレナイクマノミは<クマノミ>でした。
<カクレクマノミ>より体が黒いのですね。

それと、何回も観る事が出来た
6本のシマシマが入った魚は、<ロクセンスズメダイ>
という名前でした。

ああ、、ホントにかわいかったあーー。

*海は、米原というところの海です。
 地元のおっちゃんが3人もシュノーケルするなら
 米原がいいさーと教えてくれました。
 もちろん、他のビーチもシュノーケルに適している
 ところがあると思いますが、おっちゃん達は、
 ハブクラゲ情報というのを詳しく知っていて、
 今日だったら、米原は安全さー、
 あそことあそこの浜は今ハブクラゲが出るさーと
 とても詳しく教えてくれて、うれしくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.11

まるい虹

060905_4060905_5060905_6

びっくりしました。
雲の上にまんまるな虹が見えました。
そして、その虹は飛行機についてきました。

目の錯覚??
ついてくるってどういうこと??

と不思議で不思議で仕方ありませんでした。

ふっと、見えなくなってしばらくすると、、
また雲の上にふわ〜っと現れたりしました。

写真だとあまりきれいに見えませんが、
本当に美しかったです。
これまた泣きそーになりました。

2時間半のフライトのうち、5回も観る事ができました。
何回か見ているうちに、雲が関係していることはわかりました。
何か、雲の条件があった時に見えるのだろうなあ、、と。

でも、なぜ同じ場所にしばらく見えるのかな?
どうして、決まって前方斜め下に見えるのかな?

そんな、それらの疑問は、ネットで検索したら
一発で解決しました。
(今更ながら、ネットってすごいなあーーー。)

このまるい虹は<ブロッケン現象>という現象なんだそうです。

この現象は、雲の条件でだけではなく、
飛行機の影が関係してるのだそうです。
太陽との位置関係もあるみたいです。
(※ココとかココとかココの方々のページを見るともっと詳しくわかります。)

原理がなんとなーく理解できたことで、
いつでも見えるわけではないのかもと思ったら
またまた感動しました。
本当に良い旅の始まりでした。

あ、ブロッケン現象は、ブロッケンの妖怪とも言うそうです。
空の上で、妖怪に出会えたと思うとちょっとうれしいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

富士山

060905_1060905_2060905_3

遅い夏休み。
旅に行ってきました。

早朝に乗った行きの飛行機から見た富士山は
すばらしくきれいでした。 泣きそうになりました。

富士山は、でっかいなーーー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.04

そこに足があったから

060904_yubi1060904_yubi2

新シリーズ完成?

描かれるより、人の足に描く方が、よく見えるから面白い。

足の指が長い人に描いても、やっぱり薬指はぎゅうぎゅうなんだなあ。

そこに足があったら、試しに描いてみてください。
笑います。動くとさらに笑います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.09.03

時計 + ミント + 硝子 + うろこ雲

060902_tsuta1060902_tsuta2060902_tsuta3

2006.9.1-9.20 磯野梨影 「Shop Bag Clock」展 at AssistOn 原宿店

web制作をお手伝いしたり、同じ企画展に参加させて頂いたりしている、プロダクトデザイナーの磯野梨影さんの新作の展示&販売へ。ショップバックの形をしているシンプルな時計は、とてもいいです!欲しくなりました!でも、、どの色にしようか悩んで悩んで今日は決められませんでした。


2006.9.1-9.8 『光の行方』 at gallery it's
 津田清和(ガラス) 野口文健(鉄) 新里明士(陶磁器)

磯野さんの展示を見ている時に、ばったりお会いしたYさんに連れて行ってもらいました。風の良く通る気持ちいいギャラリーでした。黒くて不透明な硝子の器に透明な寒天いっぱいのみつまめとか入れてみたい!と思って買っちゃいました。うれしいなー。


写真は、Yさんに連れて行ってもらった、青学近くのレトロな建物のレトロな喫茶店の中庭とチーズケーキ。このミントのマーブルは、衝撃の色!お味は美味しかったです。

今日本来の用事、代官山の美容室のtuquiさんへ立ち寄り、預かって頂いていたものを取りに伺いました。
帰りに、ふと、見上げたら、空一面にうろこ雲が広がっていてもう秋の空でしたー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.02

ふたごたまごで婿入りの巻

060902_hige1060902_hige2060902_hige3

昨日、今日、ひげのたまごのコック達は、ツインズでお婿にいきました。

昨日は、しましまと*のエッグスタンドにおさまり
なかよく旅立ってゆきました。

今日は、ワイルドに裸一貫でなかよく旅立ってゆきました。
塩入れのみでわらわらにうまっているとよりたまごっぽい?

そして、今日、また他の方より、2人組でオーダーを頂きました。
またもツインズで婿入りです。なんだかうれしいです。

ラッピングを考えるのも楽しいものです。

一昨日、お婿に出した時は、油紙に入れよう!
(理由:なんとなく美味しそうかなと思って。)
と思いつき、、、
昨日と今日のふたご達は、箱にわらわらをしいて入れてみよう!
(理由:これもなんとなく美味しそうかなと思って。。)
と思いつき、、、

なんだか、コックの塩入れ専用の
シンプルで美味しそうなパッケージを作りたくなってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.01

いい顔+1〜夏のしめくくり〜

060831_iikao

夏のしめくくりの日に西荻の駐輪場で発見。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新しい始まり + 島へ

8月31日が夏のしめくくりと思ってしまうのは、夏休みの宿題を毎年31日にがんばっていたからに他ならない。

今年の夏のしめくくりは、自分で決心した大仕事でした。朝までかかって腱鞘炎にまたなっちゃうかと思ったけどやりとげました。全国の小学生諸君も頑張っていただろうが、私も頑張ったぞ!バンザイ!その大仕事のことを「新しい始まり」と言ってくださった方がいて、なんだかうれしくなりました。

さて、9月。なにかの新しい始まり。

夏は終わったと書きながら、もうすぐ遅い夏休み。
あと数日したら、島へ行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »