« ひげ+コック帽 | トップページ | コウモリ »

2006.08.05

おばあちゃん

060805_ts1060805_ts2060805_hy

おばあちゃんの十三回忌。新宿若松町の夏目坂のお寺さんへ。

このお寺さんには、うちの母方の一族の2つの家の墓が並んでいます。ご縁があって、母が幼少の頃に住んでいた日本橋中州の家の欄間がお寺さんのどこかに使われているんだそうです。なぜかこの事実を、母三姉妹の真ん中の伯母がここ一年くらいの間に思い出し、母と私は今日は法事の前に本堂をチェックしにいきました。でも残念ながら本堂には欄間がなかったので、今度改めて見せてもらおうということになりました。

おばあちゃんの法事には、親戚ではないのですが、毎回来てくださる<塚本のおばさま>というおばあさまがいました。七回忌の時に、「今度十三回忌の時には、百歳だわ!」と言っていらしたのですが、残念ながら、お亡くなりになられたので、今日は娘さんだけが来てくださいました。

この塚本のおばさまは、おばあちゃんの同居していた義理の姉(通称 : 大きいおばあちゃん)の親友で、花札の人数が足りないと言えば、はいよ〜っと飛んでくるようなお仲間でした。おばあちゃんはそういった遊びや賭け事は一切しない人だったのですが、きっと妹のようにかわいがってくださっていたのでしょう。

おばあちゃんのこと。大きいおばあちゃんのこと。塚本のおばさまのこと。みんなで法事の後に美味しいごはんとお酒をいただきながら、思い出話をいっぱいしました。毎回語られる話もあれば、まだまだ知らなかったエピソードもわんさか。きっと、雲の上でも宴会していたんじゃないでしょうか。おばあちゃんは料理の名人だったので、得意料理をたくさん振る舞って、大きいおばあちゃんや塚本のおばさまは、粋にキセルを火鉢にカンカンとさせて、みんなの言いたい放題を聞きながら笑っていたのではないでしょうか。

+ + +

黄色い花は、13年前、亡くなる直前、花が大好きなおばあちゃんが知らなそうな花を持ってお見舞いに行こう!と、花屋で選んだ<サンダーソニア>。「おばあちゃん、この花知らない?」って言ったら「知らないねえ。かわいいねえ。」と、とっても喜んでくれたのでした。今日は奮発してたくさん買いました。

緑の葉のフチにすっと白い紋様の入っている花は<初雪草>。
うちのおばあちゃんはハツヨさん。
名前の一部が一緒ということと、以前ちょっとおばあちゃんにがあったお花。ちょうど法事の今日、きれいに小花を咲かせていました。

|

« ひげ+コック帽 | トップページ | コウモリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33230/11293279

この記事へのトラックバック一覧です: おばあちゃん:

« ひげ+コック帽 | トップページ | コウモリ »