« 続・イケてるシマウマ | トップページ | 癒しの気 »

2004.06.10

こどもは正直者

高校時代の親友宅を訪問。何年に一度か、数人で会ったり、結婚パーティで会ったりはしていたけれど、久々に二人で会ったから、まるで高校生の時のごとく、時間を忘れて自分たちの思い出話、恋愛話、好きなこと、最近のことを話しまくった。

彼女は、私の友人の中でも一番早くに結婚をして、今では立派な二児の母。上の子は、もう小学校一年生。びっくりするほど大きくなっていた。

元気に学校から帰ってきた小一のタケくんは、「のぐー来てるー?」と玄関から大声で呼んだ。ちなみに「のぐ」は私の小さい頃からのニックネーム。「来てるよー」と言うと、バタバタバターと階段を上ってきて、「のぐー元気?僕覚えているよ、前にお正月に会ったよね!」と言った。
びっくり!!! 小さい子って2年半前のことちゃんと覚えてるんだ!でもひょっとしたら、ママから「のぐが明日来るよ、前にお正月に会ったことある人だよ」と教えてあったのかなーと思ったら、、、違った。。
タケくん、ちょっと離れたところから私を見て、近づいてきてこう言った。「のぐ、ちょっと太ったね」だって!さらに「ほら、ちょっとおなかのところ」と思いっきり指差し確認。
、、、えらいね、僕、そんなことまで覚えてて、、。そして、さらに、ちょこんと隣に座って、髪の毛をなでてくる。「のぐ、前会った時は、こんくらいだったよね。」と長さまで覚えてる。そして、とどめは、「僕、のぐが細い時の方が良かったな」だって。。タケくん、のぐには「細い時」なんて無かったと思うんだけど、、でも君の思い出の中ののぐは、きっと細かったのね。。そのままきれいなのぐにしておきたかったわ。残念。

img/040609_yaaimg/040609_yab

ママvsタケ おかしバトルの結果、、 タケくんのねばり勝ち。
ママは手作りケーキを食べてほしいのに、僕は「ねるねるね(みたいの)」が食べたいのだ。

|

« 続・イケてるシマウマ | トップページ | 癒しの気 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33230/809196

この記事へのトラックバック一覧です: こどもは正直者:

« 続・イケてるシマウマ | トップページ | 癒しの気 »